2014年06月01日

セルシオのドアミラー修理3

20146111747.JPG

ウインカーミラーカバーから出ている、赤、青、黒のそれぞれのコードを画像の場所から入れていきます。

 

新品の時は、コードを通した後、コネクターに接続するようになっていましたが、仕方ないので、再び、

ブチ切り

しました(笑)

 

 

201461111040.JPG

前回は、個々の部分で、ものすごく悩みました。

この画像は、ミラーの下側なんですが、ここについているカバーが外せるか?外せないか?

で、ものすごく悩んだんです。

 

結論としては、この部品が、精密ドライバーなどで、こじってあげると外れるんです。

 

そして、上から入れてきたウインカーミラーカバーのコードを引っ張り出します。

 

20146111145.JPG

あとは、元に戻したら完成です!

 

まあ、不安なのは、実はここまで、

ドアミラーは機能するか?

ウインカーミラーは光るか?

一切テストしてません(笑)

 

賢明な方は、必ずテストしましょう。

 

201461111626.JPG

ミラーを車両に戻せば、完成です。

 

おかげさまで、すべての機能に問題なしでした。

 

 

この程度の作業なら、本当に簡単です。

コツは、焦らないこと。

あわてないこと。

 

問題が発生したら、立ち止まって、一つずつゆっくり確認しましょう。

もちろん、すべての作業は自己責任でお願いします。

 

 

セルシオのドアミラー修理2

201461102446.JPG

どんどんばらしていきましょう。

 

ドア下部分のゴムをめくるとネジが見えます。

 

これも、ドライバーでいけますよ。

 

201461102627.JPG

同じネジが3本ありますので、すべて外します。

 

こういう時に、

どのネジが、どこのネジ?

ネジが足りない!

とならないように注意しましょう。

 

写真を撮りながら作業するのも手です。

 

201461102852.JPG

こんなところにも、あります。

ネジを外す前に、強引に引っ張ると、外れないだけでなく、どこかしらが壊れます。

 

ネットで調べたり、落ち着いてネジを探したり、とにかく焦らずいきましょう。

 

 

最終的に7本のネジが見つかれば、正解です。

 

201461103641.JPG

ちなみに、私は、この、

「ドアポケット内」

のネジに気付かず、悪戦苦闘しました。

 

これが、7本目です。

 

201461103828.JPG

外したドアの内張りは、毛布とかの上に置いておくといいですね。

傷つかないように。

 

あ、コンクリートの上に放置・・・・・。

 

201461104020.JPG

ドアの内張りを剥がすと、こんな感じです。

 

ドアの中なのに、いろんな配線が・・・・・。

 

バモスの時とは、全然違います(笑)

 

20146110426.JPG

さあ、いよいよドアミラーにアクセスできます。

 

10mmのボルトで留まっていますので、これはラチェットで外します。

ちなみに、慎重に外さないと、突然外れると、確実にミラーを落とします。

 

そのような大参事を避けるため、誰かに手伝ってもらえるなら、それがベストです。

私は、もちろん独りでやりましたよ(笑)

 

20146110463.JPG

本体が外れたら、ドア内のコンピューターからコネクターを外します。

 

なぜ、このような状態になっているのか??

 

実は、無知な私は、

「ウインカーミラー」

取り付けの際に、コードがドアから抜けずに、ブッチ切りしたんです。

んで、修繕したので、この有様。

 

201461104939.JPG

さあ、ここからは、事務所に移動して、室内作業です。

 

この、ミラー自体を分解します。

 

なぜか?

先ほども書いたように、ウインカーミラーが点いているので、それを移植する必要があるんです。

だから、カバーは傷つきでもいいわけです。

 

まずは、鏡を下側からこじってはずします。

201461105248.JPGのサムネイル画像

鏡を外したら、この画像に見えるすべてのネジを外します。

 

真ん中の白い部品を外すために、中央のネジと、スプリングを。

次に、ミラーを分解するために、四隅のネジを外します。

 

201461105648.JPG

そうすると、ここまで分解できます。

 

20146110591.JPG

これが、純正のカバーです。

これから、白い爪をウインカーミラーカバーに移植します。

 

20146111046.JPG

これが、ウインカーミラーカバーです。

 

見事にツメが折れていますので、移植が必要なわけです。

 

20146111234.JPG

ちなみに、これは、ウエルカムランプです。

(キーの開閉で、ミラーが足元を照らすランプ)

 

これも、LEDにしてあったので差し替えておきます。

ただし、LEDは極性があるので、残念ながら、この向きでは点灯しませんでした。

仕方なく、車両に取り付けた後、再分解して直しました。

 

 

セルシオのドアミラー修理1

20146110351.JPG

久々に、ヤフオクで買い物しました(笑)

まあ、買い物せざるを得なかったのです。

なぜなら、先日から、セルシオの運転席ドアミラーが故障。

症状としては、

「ミラーの開閉が止まらない。」

というものです。

乗降の都度、セルシオのドアミラーは畳まれたり、開いたりするんですが、中から、

「ギアの滑るような音」

がして、開閉がうまくいかないのです。

 

20146110738.JPG

しかし、中古を探しても、

とにかく、高い!

中古でも、2万円近くします。

 

さらに、塗装代が高くつくのはもったいないので、

「ボディ同色の中古品」

を探さなくてはなりません。

 

そして、やっと見つけました。

 

20146110103.JPG

ちゃんとウエルカムランプ付です。

 

さらに、うちのセルシオと同じ、

「グリーンマイカ」

っていう色。

 

まあ、個人的には好きですけど、ダメな人はダメでしょうね(笑)

 

201461101159.JPG

ちなみに、安い理由は、

「カバー側に8センチほどのきずがあります」

ということでした。

 

実物を見たら、ほとんど気になりませんし、このカバーは使わないから、いいんです!

 

なぜ使わないか?

は、のちほど。

 

201461101412.JPG

早速、作業に入りましょう。

 

まず行うのは、運転席側の内張りを剥がすことです。

 

201461101613.JPG

最初に、

パワーウインドウスイッチ

ドアノブ内側のカバー

を、外します。

 

どちらも、内装剥がしなどで、引っ張るだけなので簡単です。

 

次に、画面中央に見える金色のネジを外します。

 

201461101849.JPG

ドアノブ内側のカバーを外すと、こちらにもネジが。

 

同じくドライバーで外します。

 

 

 

ここまでは、ドライバー一本で簡単にできます。