2017年09月

クライスラー点検でやってきた代車

ここのところ、営業車の話が「ミト」ばかりでしたが、久々にクライスラーのお話を。

クライスラーも登録から1年がたち、点検となりました。

ディーラーに依頼しましたが、代車はこれ。

「ジープ」

です。

レンタカーなので、「わ」ナンバーです。

クライスラーの日本撤退など暗いニュースがありましたが、ジープは元気みたいです。


せっかくなので、このジープを個人的主観でインプレしてみます。

まずは、外観。

ジープと一目でわかる外観といえる気がします。

サイズは、小ぶりです。

長さは、ミトと大して変わりません。


自動車板金の仕事をする友人に、

「スズキのエスクードみたい」

という意見に、思わず納得しちゃいました。


ージープといえば・・・・・

武骨な造りと外観

というのとは、ちょっと違う気がします。

どちらかというと、

「シティコミュニケーター」

って感じです。

続いて、内装編。

ステアリング周りのスイッチ類は、クライスラーとほぼ共通っぽいです。


メーターも、クライスラーの前期型にかなり近いデザインです。


メッセージ類が英語というのが、若干不便ですが、まあ、感覚で操作は可能でしょう。

もちろん、プッシュスタート。

 

これが、メーターのアップです。


後期型のクライスラーは、

日本語表記

中央のディスプレーが異形

というあたりが、進化でしょうか?


ちなみにスピードは240キロまで。

タコメーターは6700回転あたりからがレッドゾーンということでしょう。

特筆すべきは、

「サイドブレーキが電子式」

ってこと。


シフトノブ手前のボタンを押し込むことでリリースとなります。


その左側には、

「アイドリングストップのオフスイッチ」


右側には、

「トラクションコントロールのオフスイッチ」

が配置されています。


両方とも、メーターのディスプレーにオン、オフが表示されます。


さらに、今や必需品のUSBポートとAUXのイヤホンジャックが配置されています。

続いて、運転席右側。


エアコン吹き出し口のダイヤルは、間違いなくクライスラーと共通です。


この、オレンジの挿し色が、各所にあるんですが、結構個人的には好きです。

その下にあるのがライトスイッチ。


AUTOポジションはありません。

光軸の上下、メーター照度のダイヤルがついています。


バックフォグがあるのが、

「外車」

って感じですね。

パワーウインドウのスイッチ類です。


ドアミラーの調整スイッチは、

「ミト」

と同じですね。


月日が経つと、ミトみたいにベタベタするんでしょうか?

つづいて、オーデイオです。


今回の代車についていたのは、このオーデイオ。

ラジオ       画面のオンオフ

メデイア      コンパス(東西南北の進行方向)

電話        アプリ(外気温・時計の切り替え式)

というスイッチが配置されています。

今時なのかCDなどは入りません。

ボリュームなども、クライスラーと共通です。

感覚操作も可能で、取説読まずに操作できました。

ハザードボタンの横は、パークセンサーのオフスイッチです。

バックカメラがないので、オフにすることはなさそうです。


エアコンの操作系もわかりやすくできています。

運転席側の、

SYNCボタンを押すと、左右独立操作が可能です。

助手席前は、こんな感じ。


グローブボックスは、狭めかな。

スピーカーは、

「ビーツ」

なようです。


ここにもオレンジの挿し色が。


車内の静寂性はかなり高く、FMしか聴いていませんが、

「結構いい音」

です。

後席シートです。


ジープのロゴがさりげないですね。


正直、後席は広いとは言えません。

一応、乗車定員は5人ですが、大人の5人乗車の場合、遠出は厳しそうです。

フロントガラスに、これまたさりげない遊び心が。

ジープといえば、これ!

って感じのシルエットですね。


車内の静寂性は、さっきも書きましたが結構保たれています。

この手の車ですから、目線が高く、運転がしやすいと思います。

ただし、Aピラー、Bピラー、Cピラーともに太くできていますので、車庫入れなどには結構邪魔になります。


特に、右ハンドルの今回の代車は、左後ろの視界がかなり狭くなります。

これは、後ろドアのさらに後ろの窓が小さいためです。

ちょっと慣れるまでには慎重さが必要ですね。

最後に、パワーユニットのエンジンです。

これが、開けてびっくり1.4リターのマルチエアターボです。

要するに、ミトと同じなんです。


これに5速のオートマチックが組み合わされています。

この手の車ですから、「速さ」はありません。

でも、鈍くさいこともありません。

走りに関しては、可もなく不可もなくでした。


もちろん求めるものが違いますから、ゆっくりドライブするには快適でしょう。

 

最後に、車検証上のデータを。

車名 ジープ

車体の形状 ステーションワゴン

型式 ABA-BU14

長さ 425cm

幅  180cm

高さ 169cm

車両重量 1400kg

燃料 ハイオクガソリン

自分の車なら、ナビとバックカメラは必需品です。

あえて、車高を落として20インチ(純正は16インチ)突っ込む

ってあたりでしょうか?(笑)

せっかくのなので、返却まで、楽しませてもらおうと思います。