AtoZ営業日誌

ミニジーノのルーフに衝撃

本日から10月。

消費税が10%にあがったり、衣替えなど忙しい一日ですね。


そんな中、弊社のミニジーノ。

いつの間にか、ルーフがすごいことに。

理由はわかりませんが、ルーフの塗装がこんな状態。

見事なほど、ルーフだけがこんな感じ。

パッと見は、全然問題ないんですけどね。


でも、見てしまったものはスルーできません(笑)

 

そんなわけで、

「カッティングシート」

を貼り付けました。


イメージは、

「新型キャスト」

などになるんでしょうか?

ドアのところまで貼ったほうがよかったかな?

という感じもしますが・・・

左右のバランスやら、切り口の問題やら、

そして何より、

「はがれやすくなるんじゃ?」

ということを考慮して、これで完成です。

白?

と思わせておいての、

「マットホワイトカーボン柄」

というところがポイント(笑)


切り口が納得いかないので、

「カーボン柄」

の細いテープで目隠し。

完全自己満足の仕上がりです。

 

 

事務所のニューフェイス

事務所のニューフェイス

とはいっても、新しい従業員ではありません。


店主を和ませてくれるグッズのことです(笑)


まずは、こんなマネキン。

被っているのは、本物のアメリカ軍払い下げの帽子。

この、アンバランス感が好きです。

鹿のランプはもともとありましたが、ニューフェイスは、

「コードについてるドラえもん」

です。


こちらは、いわゆるガチャガチャ。

1回、200円。


動きがあって、好き(笑)

トラのランプもありましたが、こちらは、

ドラミちゃん。


これも、ガチャガチャ。

 

このあたりは、統一感一切なし!


ウルトラマンからm&m’sまで、いろいろ。


今年の夏、おおいに流行った、

「携帯扇風機」

も。


これは、コジマで購入。

阪神と、讀賣のみ売ってました。

最後は、季節ものです。

最近、わが国でも盛り上がっているハロウィン。


色々と問題もありますが、季節ものということで流行に乗っかりました。


これは、コストコで購入。

電池を入れると、光ったりしゃべったりするようですが、電池はいれていません。


こんな愉快な仲間たちが、皆様のお越しをお待ちしています。

 

SOMPOひまわり生命

TVCMで、ご覧いただいた方も多いかと思いますが、弊社取り扱い保険会社である、

「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」

が、いよいよ10月1日から、

「SOMPOひまわり生命」

に社名変更します。

これまで、年末調整などで、

「保険会社の名前が長すぎる!」

と多くの指摘をいただいた社名が、かなりスッキリすることになりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ミトにナンバーフレーム追加

皆さん、各種ポイントって上手に使っていますか?

Tポイント、楽天、Pontaなどなど各種ポイントがありますが、そんな中で、

「期間限定ポイント」

というのがあります。

これは、マメにチェックしておかないと、気づいたら期限切れなんてことも。

今回、そんな期間限定ポイントを使ってナンバーフレームを購入しました。

購入したのは、こんな感じのモノ。

シリコン製のナンバーフレームです。


もちろん伸縮しますのでかぶせるだけ。


ポイント利用でしたので、0円です。

うちのミトには、カーボン調のナンバー台がついています。

そんなわけで、シリコンがうまく入りません。

そこで、ナンバーのボルト緩めてシリコン部分をめり込ませてからボルトを締めました。


ちょうどいい塩梅のカラー追加ができました。

赤の牽引フックに合わせたので、自己満足感は100%(笑)


低価格

低苦労

高満足


で終了です。

 

アルファロメオエンブレム交換

アルファロメオエンブレムを入手しました。


恐らく大陸製です。


裏の両面テープが多少心もとない感じです。

入手した理由は、コレ。

トランクを開けるときに、ココを押すからでしょう。

ご覧の通り、白い部分がはがれてきています。


1年以上経過してるとはいえ、ちょっと早すぎないか?

とも思いますが、まあ、高いモノじゃないし交換も簡単なんで。

早速、マイナスドライバーで、

ブスっ

といきます。

リアは、真ん中に穴が開いていますので、そこをめがけて一撃です。


当然ながら、両面テープの跡が残ります。

 

デッドニングの際に使った、

「ブチルクリーナー」

を使用します。

キレイになりました。


このまま張り付けるのは、当然ながらNGです。

パーツクリーナーで、入念に、

「脱脂」

します。


この処理が大切!

あとは、まっすぐ貼り付けて、完成です。


こういう部分が新しくなると、

「車の若返り」

を感じられるから不思議ですね。

続いては、

「フロント」

です。


こちらは、意外といい状態です。

しかし、ついでなんで交換しちゃいます。

フロントは、右斜め上。

11時のあたりに穴があります。


こちらもブチルクリーナーで両面テープを剥がして、

脱脂します。

こちらも、真っすぐを確認して貼り付けたら完成です。


この簡単な作業だけで、

「車齢5歳」

は若返ったかな(笑)


まだまだ現役営業車です。

 

欧州車のネバネバ除去~実践編~

先日のネバネバ除去を実践しました。

まずは、現状です。

もちろん、写真にネバネバ具合は写りません。


しかし、見た感じ、

「なんとなく白っぽい」

のがわかると思います。

今回は、タオルの取ってから洗浄していきます。


かなり、粘度のある液体ですね。

一撃!

ひと拭きでこんな感じです。


磨くというよりも、

「こそぎ取る」

って感じです。


コツは、たっぷり目に使うことです。

洗剤が少ないと、タオルの繊維がくっついてしまいます。

拭いては触り、触っては拭いてを繰り返します。


センターのアルファロメオエンブレム周辺。

ホーンパッドの横部分。

などが、特に注意です。


そして、完成写真です。

もちろん、見た目の変化はほとんどありません。

しかし、

ベトベトは完全に除去できました。

おススメの一品です。

 

トヨタ・ルーミーに乗ってみた

ミトにちょっとしたトラブルが発生。

代車に、

トヨタ・ルーミー

を借りました。


一昔前の、

BB

という感じです。

グレードによっては、

フルオートエアコン

も選べると思います。


ナビの上のモニターは、

時計

平均燃費

瞬間燃費

などが表示されます。

左側のドアミラー下には、よくあるサブミラーがあります。


また、最近はこのクラスの車種でも、

Aピラー部分のツゥイーター

が装備されているんですね。


運転席、助手席にはドリンクホルダーも装備されています。

後席は分割可倒式。

大容量のドアポケットもありました。


リアドアは、左右スライドドアです。

今回の代車は、左側が電動スライドドア。


右側は、電動ではありませんでしたが、

「オートクローザー付き」

前席の、この部分にも大容量ポケット付き。


ただし、この部分、

「プラスティックが、ペラペラ」

です。


しかも、深すぎて使い勝手的には、

な気がしました。

シフトは、シンプルなものでした。


P R N D

はわかるんですが、

S B

はなんなのか?

S=スポーツ

B=ブレーキ

ということでした。

運転席右側にまとめられたスイッチ類。


アイドリングストップのオフスイッチなど。

今回、ルーミーで、

秀逸だな~

と思ったのが、この、

ウインカーレバー

です。


軽く触ると、ウインカーが3回点滅。

強く触ると、通常ウインカー。

これは、全車標準装備にするべきだと思います。

もう一つ秀逸な点が、この、

「ステッチ」

です。

パッと見、本物かと思いましたが、なんとこれ、こういう成型のプラスティック。


外観といい、サイズ感といい、

「売れる車」

って感じでした。

 

欧州車のネバネバ除去

一昔前の欧州車。

どうしてもありがちなのが、スイッチ類のプラスティックがベトベトすること。


弊社のミトも、納車時にはパワーウインドウスイッチのベトベトが気になっていました。

そこで、納車直後にベトベトを掃除するとことから始まりました。


ここにきて、今度は、

「ホーンパッド」

のベトベトが気になるように・・・

そこで、見つけたのがコレ。

楽天のポイントで入手できました。

早速、作業しようと思いましたが、一日中大忙し。


さらに、取扱説明書を見たら、結構大変そう。


そんなわけで、時間のある時に作業してみます。

どんな感じになるか楽しみです。

 

ミトのエアコンフィルター交換

今日は、夏の高校野球選手権大会決勝戦でした。

両校とも勝てば初優勝という中で、大阪の履正社高校が石川の星稜高校を破って優勝しました。

毎日、手に汗握る熱戦を魅せてくれた高校球児に感謝します。


そして、毎年のことですが明日から、急に秋になった気がするんですよね。


そんな中、ミトのエアコンフィルターを交換しました。

弊社の営業車になってから一度も交換していないので、ちょっとした、

「恐怖」

を感じながら(笑)

入手したエアコンフィルターは、一応、

「ボッシュ製」

です。


しかしこれ、

「チュニジア製」

だと思われます。


チュニジア?

アフリカ北部の国でした。

エアコンフィルターは、この中・・・

のはずでした。


しかし、弊社のミトは左ハンドル。


助手席側からじゃないとアクセスできないことがわかりました。

こちらは、左ハンドルの場合の中の写真です。

そんなわけで、右側のセンタートンネル部分を外します。


かなり奥のほうに黒いふたがありますので、それを外します。


すると、ご覧のようなフィルターが顔を出しましす。

あとは、特に難しく考えずに、

「引っ張り出す」

で、OKです。

黒いほうが、今まで使っていたフィルター。

白いほうが、今回交換したフィルター。


黒いのは、

「活性炭入り」

ではありません。


要するにこれ、

「汚れ」

です。

いやあ、スッキリした!

 

プリウスがやってきた

今でこそ、珍しくなくなりましたが、

「ハイブリッド車」

といえば、

「プリウス」

であり、初代の登場は、それはそれは衝撃でした。


しかし、これまで、まったく乗ることない一台でした。

しかし、弊社営業車にトラブルがあり、

「代車特約」

を利用してやってきたのが、

「プリウス」

です。


プリウス、フィットハイブリッド、アクアから選べたので、今回はプリウスをチョイスしました。


かなり廉価グレードのようで、フォグランプなし、鉄チンホイールですけど・・・

とはいえ、

「トヨタのハイブリッドです!」

って感じの、スマートキーです。


トヨタエンブレムの中が、

「ブルー」

ってのが、その証ですね。

この「プリウス」という車、とにかく驚くのが、

「エコ運転」

をイヤでも意識するような造りであること。


発進、加速、減速、停車すべてが点数表示されるという仕掛け。

意識し始めると、洗脳されたごとくエコ運転しちゃいます(笑)

ハンズフリーはもちろん、ここにも、

「エコ運転」

の仕掛けがあります。


ナビ画面の半分が、

「エコ管理画面」

になります。

 

プリウスの特徴の一つが、この、

「後方視界」

だと思います。


上下のガラスの間にワイパー取り付け部分のバーが入ります。

慣れれば、こちらはさほど気にならないかもしれません。


しかし、個人的にはCピラーの太さが後方視界を圧迫するんだと思います。

エアコン吹き出し口の、

「プリウス ロゴ」

です。


相当売れると自信がなければこういう演出はできませんよね。

エンジンをとめて、車から降りるとこんな画面が。


「よいエコ運転ができています」

だそうです(笑)


こんなん出たら、

「次も!」

って思っちゃいますよね?

さて、最後は、いろいろと問題を指摘する方も多い、

「シフトレバー」

です。

もし、このシフトレバーしか知らなければ、問題なく使いやすいレバーです。

でも、従来の感覚が捨てられない方には「複雑」に感じるかもしれません。


そんな、「プリウス私評」でした。