AtoZ営業日誌

久々にミトのお話

久々にミトのお話です。

ミトには、左右のドアとシフトの前にドリンクホルダーがあります。

しかし、残念ながら、すべて使いにくい(笑)

画像の、シフト前のドリンクホルダーを2つにできる便利なグッズもありますが、高い。

そんな中、オートバックスを探索中に見つけました。

欲しかったヤツの半額以下。

あわせてアイコス用のホルダーも購入。

こんな感じにして使っています。

水色の線は充電用のコードなんですが、これがまた優れもの。

アイコスの充電と、iPhoneの充電が同時にできます。

しかも、このドリンクホルダー、取り付け場所のサイズが変更できるんです。

ミトのドリンクホルダーの幅に合わせて、ネジ留め。

まったくガタガタしません。


3速に入れるときなどは、多少当たりますが気にならないレベルです。

さすがにペットボトルを入れると、かなり邪魔になりますが、満足です。

コスパ的には最高です。


ぜひ、おススメです。

 

ミラジーノ アームレスト

ミラジーノを運転していると、どうも違和感が。

理由がわかりました。

「左手の居場所がわからない」

のが原因だと(笑)

そこで、ヤフオクにて仕入しました。

値段なりの品質でしたけど。

本体は、一応、

「ウッド調」

にしてみました。


結構な種類の中からカラーが選べますよ。

こういうところに、出るんですよね。

「見たらわかる。安っいやつやん。」

てのが。


まあ、見えなくなるしOKでしょう。

さて、組み立てしますか!

とはいえ、説明書はなし。


箱の、この絵を見て組み立てです。

まあ、難しいことはないですが、細かいところはある意味予想です。

仮組してみました。

 

高さは、

「この2本のネジを、どこの穴に挿すか」

で、調整できます。

この幅に関しても、4本のネジで調整可能です。


なんだかんだで、

「よくできてるじゃん!」

という感じです。

車内に移動して、幅と高さを決定します。


ミラジーノの場合(うちの場合はセンターコンソールがエッセ用ですが)

幅は一番広く

高さは一番高く

が、ジャストサイズでした。

後ろ側のドリンクホルダーが使えなくなりますが、問題ないでしょう。

思いのほか、きっちりはまりました。


完全に固定したいのなら、

「センターコンソールにビスで留める」

という方法もありますが、

「左手の置き場」

が欲しいのですから、これでOKでしょう。

しかし!

シートカバーとのバランスが(笑)


シートカバーの生地に張り替えたいところですが、ステアリングと色合ってるし、いいか!

ということで。

 

ミラジーノ デティール

今日のミラジーノは、本当に細かい部分です。

いつも通り、ヤフオクにて購入。


送料入れても1,000円でした。

中身は、こんな感じです。

 

よく見ると、ミニクーパーのエンブレムが。

これは何かといいますと・・・

先日導入した、

「ミニクーパー純正ホイール」

のエアバルブキャップが、なぜかこんな色なんです。


どうにも納得いかなくて、今回導入しました。

もちろん、回してはめ替えるだけです。


自転車もそうですが、

「このキャップを外したら、エアが出ちゃうんじゃない?」

なんて、心配はもちろん不要です(笑)


カラー的にも、マーク的にも大満足です。

ちなみに、このキャップ、

「ドイツ製」

ですよ!


なぜか、中国から送られてきましたけど(笑)

 

異業種交流会 満点星の会

今日は、静岡県東部地区の異業種交流会・満点星の会の研修会でした。

ちなみに、

満点星

は、

どうだん

と読みます。

毎回、研修会と交流会があるのですが今回の研修会の講師は、武貞秀士先生でした。

朝鮮半島情勢について、大変興味深いお話をいただきました。


特に、

「北朝鮮の高官との話」

は、印象に残りました。

 

その後の懇親会では、富士市の小長井市長。

静岡5区選出の代議士 細野豪志氏なども出席。

盛会のうちに散会となりました。

 

 

ミラジーノ リップスポイラー

車高もいい具合に決まったミラジーノ。

でも、もう少しだけ低く見せたい(笑)


今回は、そんなわけで、

「純正リップスポイラー」

を追加してみようと思います。

年式も年式なので、純正部品もいよいよカラーによっては欠品間近なようで。

とりあえず、取り付け説明書をサラッと読んで、フロントバンパーを外します。

しかし、これは、結局余計な仕事になることが後々判明します。


下に垂れているのは、フォグランプの配線です。

事務所に、フロントバンパーを持ち込みます。


簡単に言うと、左右2本に分かれたリップスポイラーを両面テープとビスで固定します。

さあここで、改めて取り付け説明書を読みます。

送られてきた部品と同梱されているものを確認します。

一応確認します。


問題なしです。

説明書を熟読しながら、作業を開始します。

が、

「フロントバンパーを外す。」

という、記述は一切なし(笑)


要するに、バンパーを外す必要はありませんでした。

説明書の図を、

「パッと見で判断した」

のが、間違いでした。

まずは、バンパーへの穴開けが必要ですので、付属の型紙を使います。


このあたり、純正ならではですね。

型紙を切り抜きます。

2か所に、

8mm

7mm

の穴をあける必要があります。


バンパーの中心を出すことが重要ですね。

この作業だけは、バンパーを外してよかったと思えました。


型紙を中心に合わせて貼りけます。

何か所か、ガイドになるラインがあるので、それほど神経質になる必要はありません。


型紙に合わせて、

3mmのドリルで下穴。

それぞれを、

7mm、8mmに拡大します。

センターがわかるように、マスキングテープにけがいておきます。


穴は画像のように2か所です。


さて、ガレージでバンパーを取り付けします。


バンパー上部

バンパー左右

のみを元のクリップで固定します。

よく脱脂して、まずは左側から取り付けます。


仮の位置決めですので、のちに増し締めしましょう。

最初から締めてしまうと、動かなくなりますので、位置合わせができなくなります。

右側も仮止めします。


茶色いテープが出ていますが、これが両面テープです。


位置決めして、増し締めしてからこれを剥がして貼り付けます。

ナンバー裏に、ナットが一本あるのですが、

「締め忘れ」

ていましたので、ナンバーを外して取り付けます。

ナンバーを戻して、完成です。


またまた、チョロQ感が増しました。

車高としては、ほとんど変わりませんが、

「下がった気がする」

エアロのデザインです。

サイドから見るとこんな感じです。


実質的には、

「1cmから2cm」

下がったでしょうか?

駐車場で1枚。


わかる人にしかわからない、完全自己満足です。


あとは、急な段差の出入りに、なお一層の注意が必要になると思います。

 

ミラジーノ小物

今日もミラジーノですが、今回は、

「細かいけど効果絶大」

な、カスタムを紹介します。


まず、うちのミラジーノ、フォグランプがバンパーについています。

ところが、

「ライトスイッチにフォグのスイッチがない。」


どうも、フロントバンパーを交換した際にフォグありのものを付けたようです。

配線も来ていなかったので、引き直してスイッチは、ここに設置。

ヤフオクで、フォグランプの配線キットを入手して取り付けました。

配線、リレー、スイッチのセットでした。

取り付けのポイントは、

「スイッチ」

にあります。

電源を、必ず、

「スモールから」

取りましょう。

 

いろいろと調べてみましたが、

「フォグランプが単体で点灯する」

というのは、車検に通らないそうです。

つまり、スモールが点いているときにのみフォグが点灯するように配線する必要があります。


本来のフォグランプの目的からは逸脱する気がしますが、やっぱり色目が揃えたいのでLED化。

ちょっと、青すぎるかな(笑)

ラパンの時も交換しましたが、

「ワイパーを自分のリズムで使いたい(笑)」

ってことで、無段階ワイパースイッチに交換。

トヨタ車用のスイッチに交換するだけ。

これ、かなり便利です。


スズキも、トヨタも、ダイハツも共通部品なんだなあと知りました。

これも、ラパンでもやっていましたが、

「サイドが味気ない」

ってことで、ピラーカバーを導入します。


ミラジーノは、各所にメッキパーツがありますので、追加してみました。

脱脂して貼るだけ。

ですが、

「位置決め」

は、慎重にやりましょう。

下側の窓枠にもメッキカバーを貼り付け。


ヤフオクで見つけた、

「なんちゃってオートアラームステッカー」

も貼ってみました。

内装をウッド調にしたことで、純正シフトノブが浮いた印象に。

 

これまた格安でウッド調シフトノブを入手。


ネジ2本で留めるだけです。

バランスが取れた気がします。


こうなると、エアコンパネルが気になりますが、ここは当面の課題にします。

パーツはあるんですが、

「高い」

そんなわけで、保留です。

車内のランプはLED化していましたが、忘れてました。

ミラジーノには、なんとバニティミラーがあるんです。


うちにあったLEDに差し替えて完了です。

 

ミラジーノ オーディオ

今日は、ミラジーノのオーディオです。


納車直後に、ナビの取り付けをした記事は書きましたが、

「音がショボイ」

ってことで、スピーカを交換です。


ヤフオクで入手した格安コアキシャルスピーカーに交換します。

そりゃショボいわ!

ってのがリアドア。


スピーカがありません。

配線は来ているので、差し込んで純正位置に取り付けるだけ。


これだけで劇的な変化です。

そういえば、事務所にウーハーがあったな。

って何屋さんだよ?って気がしますが、弊社は保険代理店です(笑)


アルパインのアンプ付きウーハーを設置。

バッ直で電源をトランクまで引き込み接続。


ここで、

「音が鳴らない」

というのがよくあると思いますが、原因は大体ヘッドユニットの設定です。

忘れずに設定しましょう。

まだ、置いてあるだけなので、結構暴れまわります。

早く固定しないと。


トランクスペースは多少犠牲になりますが、

「ズンドコ」

鳴っています。


ウーハーの追加は、おススメです。

オーディオではありませんが、

「音」

って意味で、ここに載せておきます。


純正マフラーもショボイ!

下向きの軽自動車によくあるやつです。

Wirusというショップのマフラーが、

「純正バンパーとのバランス」

てきにも、一番自分好み。


しかも、格安です。

 

取り付けは、テールパイプの交換のみですので、ボルト2本緩めるだけです。

しかし大概このボルトが固いってのがよくあるパターン。

CRCを吹き付けて10分ほど放置。


あっけなく外れました。

新しいマフラーをつけて完成です。

音は、ほぼ、変化なし。

この純正マフラー、車検か何かで替えたばかりだったのでしょう。

ものすごい美品でした。


そんなわけで栃木のほうにお嫁に行きました。

ここからは、先週末の作業です。

純正ステアリングを、モモのステアリングに替えたという記事を書きましたが、その中で、

「シルバーの塗装が剥げている」

という問題点がありました。


その問題点を一気に解決してくれるアイテムが、これまたヤフオクに。

純正のシルバーの内装が・・・

 

ウッド調に変化。

ステアリングの交換には、

「トルクス T30」

という工具が必要です。


なんとなく、高級感が出ておススメです。

 

ミラジーノ外装

今日はミラジーノ外装編です。


まずは、洗車。

いつもの久保田商店にてキーパーのコーティングをします。

車両の2割ほどのお金がかかりました(笑)

それでも、

「やった甲斐がある」

結果になりました。


本当にピカピカです。

お勧めですよ。

「ホーンがダセ~」

という娘の指示のもと、安いホーンを取り付けました。


しかし、バンパーを外さないと作業ができません。

ついでに、スモールをT10のLEDに。

ヘッドライトをH4のLEDに交換しました。

ミラジーノは、ホーンが1つなので、配線の分岐が必要です。

うまいこと、バンパーの隙間に入りました。


ちなみに、私の人生初のDIYは、

「ホーンの交換」

でした。

はじめの一歩にはお勧めです。

娘も当然ながら?(笑)

「車はシャコタン派」

ローダウンじゃなくてシャコタンです。


ヤフオクで格安のダウンサスとショックのセットを発見。

しかも、リアのショックは新品でした。


しかし、これもエッセの流用です。

互換性の高い部品が多いのでいろいろ調べてみるといいですよ。

ショックはカヤバのSR。

ダウンサスはズーム。

スプリングコンプレッサーいらずなので、最近こういう部品を探しています。


取り付けは簡単。

入れ替えるだけ

です。


ABSのラインとかブレーキラインには注意しましょう。

リアは、もっと簡単。


ショックの下側のネジを外したらスプリングがフリーになるので入れ替えるだけ。

ショックを新しいものにしたら下からジャッキで上げて元に戻して完成。


乗り心地は、ショックが新しくなったからか改善しましたよ。

フロント アフター。


3cmくらい下がってますかね。

リア アフター。


結果として、

「リアのほうが下がったかな?」

って感じです。

まあ、こんなもんでしょう。

車が小さいので、

「下がった感じ」

は、感じられます。

目指している、

「チョロQ感」

が、でてきました(笑)

これは、クライスラーのホイール。

クレンツェのヴィシュヌとうホイールの22インチです。


このホイールと、ミラジーノをそろえたい!

と思って導入したのが、

おそろいの16インチ!


結構気に入っていました。

しかし!

出面が、いまひとつ納得いかない。


特に、リアが、

「地下鉄状態」

ということで、

昨日、導入しました。

「ミニクーパー純正 16インチ」


なにしろ6.5J。

タイヤは、引っ張りで履いています。


ダイレクトレーシングさん、いつもお世話になります。

出面も、いい感じ!


しかし、まずは洗車すべきでしたね(笑)

軽く洗車して1枚。


このホイールを履く場合、

フロント ポン付けOK。

リア   アクスルの一部を削らないと当たります。

ホイールが太くなるので、外に出るより内側が当たる心配が必要なわけです。


外装編は、いまのところ、こんな感じです。

 

ミラジーノ内装

今日もミラジーノを紹介します。

タイトル通り、内装編です。


ますは、何の変哲もないこのプラスティックのスカッフプレート。

 

オプションのメタル調に変更。

バキバキっと外して、入れ替えるだけ。


ヤフオクなんで、送料入れても2,000円ほど。

程度もかなりいい一品でした。

電球類は、いつも通りすべてLED化。


ルーム球、スモール、バックは、工具箱にあった手持ちの電球。

もちろん差し替えるだけ。

あくまでも娘の車なんで、この場末のスナックみたいな質感のシートも納得いかない。

常に肌に触れる部分だしね。

 

シートそのものはきれいなんですけどね。


ここは親バカ。

一点豪華主義で新品シートカバーをおごってあげました。

ベレッツァのシートカバーを装着。

縫製、フィット感とも抜群です。


装着には、おふくろを借り出して行いました。

一人でやるのは、かなり厳しい作業です。

とくに、リアの背もたれ部分が大変です。

一枚モノなので、少しずれただけで反対側は大きくずれちゃいます。


ミラジーノの後席にはシートベルトホルダーがあるのでずれるとここが目立ちます。

娘の希望でステアリングも交換。

グレードによってついている

「モモ」

のステアリングです。


ミラジーノ用に絞って探すと高い!

そんなわけで、

「ダイハツ モモ」

で検索すると、結構な数がヒットしますよ。

タント用かなんかなので、左右にボリュームスイッチがついています。

しかし、当然使えません(笑)


このステアリング、その多くが左右のシルバーの塗装がはがれています。

これも、まさにそう。


ウッドタイプを現在物色中です。

これが、ミラジーノのセンターコンソールです。

色は、黒。

しかし、このコンソール、

「使いにくい」

のが、シフト奥側の小物入れ。


何を入れても暴れまわります。

もちろん、サイドブレーキ周りも黒です。


後ろ側にドリンクホルダーがついています。

ネット徘徊していると、

「エッセのセンターコンソール」

が、ポン付けできるという情報をゲット。


エッセ用には、

ドリンクホルダー

シガライター

がついているので、使い勝手がいいらしい。


早速導入。

こんな風に、ドリンクホルダーになるんです(笑)


ちなみに、まだシガライターの配線はしていません。

時間を見つけて、純正シガライターから分岐予定です。

最初は、黒を探していたんですが、なぜか、

「黒は高い」

んです。


シートカバーの色とのバランスからしても、これはナイス選択でした。

値段も送料込みで3,000円ほど。

黒が、送料別で5,000円ほどですのでかなりお得でした。

ミラジーノについているカードホルダーだけはなかったので、そのまま移植します。


黒とのバランスも、ありですよね?

うちのミラジーノは、

「オートエアコン」

です。


気になるのが、このダイヤル。

プラスティック感が強い!

そこで、これも、

「タント用?」

のダイヤルに変更。


もちろん、抜いて挿すだけ。

今のところ、内装はこんな感じです。

7月から、結構いろいろ追加していますので、順次ご紹介します。

 

実は3台目営業車?導入

ラパンから、ミトに替えて以来、とにかく娘に不評でした。

「マニュアル乗りにくい」

「左ハンドル乗りにくい」

と、怒りの声のオンパレード。


仕方なく、親バカ発揮。

誕生日プレゼントかねて買ってしまいました。

車種に関しては、

「ミラジーノ」

と娘が指定してきたので、あれこれ探していたら近所で発見。

車検もついて、値段もお手ごろ。

さらに程度もかなりいいものが見つかりました。


くるまや金太郎の小林君、いろいろありがとう!

内装も、ドノーマルです。

オーディオは、CD+MDという懐かしい組み合わせ。


娘からは、

「せめてナビとETCくらいほしいな」

ということで、

納車とほぼ同時に取り付けます。

取り付けは、本当に簡単です。

ミトみたいに、あれこれ迷うことはありません。

バキバキっと内装を取り外します。

ここまできたら、あとは、

取り付けキット

通りに、配線してあげるだけです。

アンテナ、オーディオ電源、スピーカーの各コネクターです。

付属の配線キットで、カプラーオンです。

リバース、スピードなどの配線も来ています。

オーデイオ裏の、この部分に隠れていますので引きだして使います。

元に戻して完成です。

社外のナビに交換する場合、ミラジーノは、

金具の形が合わない。

パネルが異形で2DINに合わない。

ということで、取り付けキットは必須です。


ちなみにナビは、操作性の慣れからミトと同じ楽ナビをチョイスしました。

せっかくバラしたので、ついでに、

ドライブレコーダー

を設置しました。

基本的に娘の車なんで必須ですね。


大陸製の、ミラー一体型です。

まあ、機能しているのでよしとします。

あとは、リクエスト通りに、

ETC

も設置。


ナビと連動する三菱製です。

カロッツエリアだと高いので(笑)

本体は、悩んだ挙句、グローブボックスに設置。

最初は、ナビ上の小物入れに設置しようかとも思いましたが、ここが一番かなと。

さらに、エーモン製のUSBを設置。

トヨタ・ダイハツタイプが、ジャストサイズ。


場所は、運転席右側。

いろいろと使えるでしょう。


そんなわけで、今回営業車にミラジーノを追加しました。

でも、じつはこれ7月の話。

それから、あれこれカスタムしてますので、明日から小出しに紹介します。