AtoZ営業日誌

富士代理店会「代友会」総会

昨日は、弊社取り扱い保険会社である損保ジャパン日本興亜の代理店会「代友会」の総会でした。

昔は、どこの支社にも代理店会はありましたが、最近では代理店会の存在が珍しくなっているそうです。

富士支社の代理店会は、これからも存続していってほしいものです。


そんな代理店会に、静岡県では有名なご当地ソング、

「思い出の交差点」

を歌う大田克樹君とカテリンちゃんが来てくれました。

一部の出席者の中には、

「誰?」

って顔の方もいましたが、個人的には大興奮(笑)


太田君と記念撮影してもらっちゃいました。

お土産にクリアファイルもいただきました。

ちゃんと、サインもいただき大満足(笑)


暑気払いとしていい思い出になりました。

今後も、富士代理店会を盛り上げて頑張っていきたいと思います。

二次会で、WITH YOU小池さんと。


介護っぽく見えてますけど(笑)

 

ミニジーノ、完成型

弊社のミニジーノこと、ミラジーノ。

ミニジーノにするうえで、どうしてもしたかったのが、

「ヘッドライトの加工」

でした。

ミニジーノにするうえで、必要なのが、

「プロジェクター」

です。

 

そのために、まずは、ヘッドライトを、

「殻割」

します。


過熱しておいて、コーキングが柔らかくなったらこんな感じで殻割します。

分解すると、こんな感じ。


レンズの、

「くすみ」

が気になりますね。

ここに、プロジェクターを固定します。

ちょうどいい出具合で固定します。

配線してレンズを戻したら、完成です。


常に、雨水など過酷な環境にさらされるのがヘッドライトです。


確実に、丁寧にコーキングしましょう。

レンズを丁寧に磨いて、一気にきれいになりました。

車両に戻したら、完成です。

ヘッドライトがきれいになると、車が若返った気がします。


これにて、ミニジーノことミラジーノ、

「完成型」

となりました。


ヘッドライトの加工ですので、光軸調整なども確実に行いましょう。

 

ホイールのセンターキャップ加工

1か月ほど前に導入した、

「ワーク シーカー FX」

ですが、どうもこのセンターキャップが好きになれない。


やっぱり、

「アルファロメオマーク」

がいいなってことで、導入します。

 

センターキャップそのものを交換しようとしましたが、

「汎用センターキャップは取り付けできない」

という結論に(笑)


そこで、センターキャップの60mmにあうサイズのステッカーを購入。

イギリスから輸入ってことで、待こと1か月。

やっときました!


が、クオリティはイマイチ。

こういうとこが、特にね!


まあ、貼ったらわからないしいいか!

てことで、早速作業します。

サイズは、ジャストフィット!

でした。


脱脂して貼るだけなので簡単です。


向きの統一だけ注意したら簡単作業です。

簡単作業で、劇的な変化(笑)

 

統一感が出ました。

という、完全自己満足作業でした。

1か月といえば、

「グリーンカーテン」

です。


こんなに成長しました。

ただ、水やりをしているだけですが、

「勝手にネットにからむ」

ところまで成長しています。


もう少し成長したら、頭を揃えて、バランスをとっていきたいですね。

それから、シロクマですが、ここに鎮座しています。


まさに、守り神(笑)

よーく見ると、かわいいですよ。


という簡単作業でした。

 

事務所のオブジェを作ってみる

だいたい、どこの家にも、こういう木彫りの熊っていません?

北海道のお土産の定番ですよね?

でも、この熊をこのまま飾ってるのって、

「おばあちゃんち」

ってイメージありませんか?

ちょっと改造したら、かわいくなるんじゃね?

ってことで、作業スタートです。

だいたい、どこの家のやつも、

「ホコリをかぶってる」

と思いますので、まずは、きれいに洗います。

そして、丁寧に脱脂します。

やすりで足付けしたほうがいいでしょうが、そもそも、

「木彫り」

なんだから、まあ、いいだろってことでとりあえず鮭を金色に塗装します。

土台は、ミラジーノのアームレストに使った、

「染めQ」

を使います。

熊の鮭は、マスキングテープで丁寧にマスキングします。

この作業が、今回の作業で一番重要なポイントです。

 

尻尾と頭は熊にくっついていますので、カッターなどで作業します。


顔も、金色ですが、気にせずに次の工程へ。

全体を、白く塗装します。

この時のポイントが、

「一気に塗らない!」

ってこと。

3日間かけて、塗り重ねていきました。

マスキングテープを剥がしたら、ご覧の通り。


目と鼻をマジックで塗ってあげます。

最後に、クリアを吹いて完成です。

 

かわいい~(笑)


うちの事務所のオブジェにしても、マッチします。

あれ?

もう一頭いるぞ!


ってことで、子熊も白熊に改造しま~す。

 

 

ミラジーノのテールランプ球切れ

先日、長女が帰省してミニジーノで出発したのを見送ったところ、

「左のテールランプ切れてる」

ことに気が付きました。

整備不良の不安もあるので、

「量販店で替えておいで」

と言ったのですが、

「フロントタイヤのはみ出しと牽引フックのはみ出しで作業できない」

と言われたそうです。

そうですか、じゃあ俺が替えるからいいよってことで10mmのレンチを用意(笑)

真っ黒くなって切れていました。


あとは、新しい電球に差し替えるだけです。

娘が断られた量販店で、電球購入(笑)

「T20のダブル球」

に交換します。

これは、

「スモールといブレーキ」

を一つの電球で賄うものです。


あっという間に交換完了。

しかし、タイヤも牽引フックも車両寸法の中に納まっているっちゅうの!

 

最低レベルの保険会社の仕事に泣けてくる

もし、皆さんが手紙を書いて封筒に入れるとき、

「封筒の大きさに手紙を合わせて折る」

としたら、こんな風に折りますか?


正直言って、初めて見ました。

心を込めて

とか

見る人の気持ちになって

とかって、感覚がないんですかね?


これ、日本一の保険会社を目指す会社から送られてきたものです(笑)

まさに、

「最低レベルの仕事」

ですよね?


「代理店だから、いいだろ」

くらいに思っているんでしょうか?

完全に、

「ちょっとずれてしまった」

ってレベルじゃないです。


これを折って、封筒に入れたやつに聞きたい。

「これを受け取った人は、どう思うと思うか」


あまりのレベルの低さに、がっかりしました。


経費削減かなんか知りませんが、こんなところに綻びが出るなら経費削減の前に考えろよ。

新宿本社のキンキンにエアコン効いたビルでのんびり働いてる社員たちよ。


まさに気分の悪い手紙でした。

 

祝30周年!

今日は、弊社がいつもお世話になっている、

「清水銀行 松岡支店」

が、30周年の記念イベントということでした。

昭和最後の年にオープンし、30年。

今後も、地元のために貢献していってください。


記念品として、きれいなお花をいただきました。

30年前というと、私は高校生でした。

まだ、銀行の周りには何もなかったなあと感慨深いものがあります。

あと、お茶もいただきました。


店内は、異動になった旧のスタッフさんも多く懐かしかったです。

 

静岡県の大学野球の春季リーグ戦が終了しました。

優勝は、日本大学国際関係学部で6季連続優勝です。


弊社の営業車は、ナンバーがすべて40です。

これは、長女の高校時代のチームメイトである、

「ソフトバンクホークス 小澤怜史投手」

の背番号からきているんですが、その兄小澤拓馬投手が最優秀投手賞!


神宮大会出場を決めて、秋のドラフト会議で兄弟プロ野球選手誕生が楽しみです。

 

ミトのトラブルを一気に解決する

弊社のある富士市に、

「いきなりステーキ」

がやってきます。

元の幸楽苑が、いきなりステーキになるようです。

しかし、時給1300円!

このあたりでは、破格です(笑)

 

さて、表題の通り、

「ミトのトラブル」

を、一気に解決します。


「やはり、イタ車って壊れるんだね」

とお思いの方もいるかと思いますが、そんな深刻な話ではありません。

ちょっとした修理みたいなものです(笑)

まずは、ドンキで入手したこの充電コード。

マイクロUSBもライトニングケーブルも1本で充電できる優れものでした。

片方は、アイコス充電用。

片方は、iPhone充電用。

として、使用していました。


しかし、

「iPhone側が充電不能」

というトラブル。

 

仕方がないので、こんなやつを買いました。


通常は、携帯充電用に。

アイコスは、充電が切れてきたら・・・

という感じで使おうと思います。

通常は、こんな感じで携帯ホルダーにイン!


見た目よりも、使いやすさ重視です(笑)

次のトラブルは、これ。

エンジンをかけるたびに、

リアワイパー始動→何度か動作→適当なところでストップ

という現象が。

こんな場所で止まっちゃいます。

カッコ悪い!


これは、そこそこ深刻なトラブルです。

そんなわけで、まずはリアワイパーを取り外します。


カバーをめくると、ナットが現れます。

12mmと14mmを用意しておきましたが、

「なんと13mm」

という(笑)


気を取り直して、ナットを緩めます。

あとは、手前に引き抜けば・・・手前に引き抜けば・・・

抜けません!

CRCして、小休憩。

あっという間に引き抜けました(笑)

一気に解決!

ですから、いろいろ考えません。


リアワイパー撤去です!

おそらく、修理に出したら、そこそこの金額を請求されるでしょう。


たいして使わないし、バックモニターあるし、いいのさ。

と割り切ってみます。

すっきりしました(笑)


この手のパーツは、

6mmまたは8mmの径のシャフトにのみ適合

となっていますが、

ミトは、8mm

で、ピッタリはまります。

外すだけだと、

「変なところから水が入らないかな?」

なんて、心配がありますが、これなら大丈夫でしょう。


説明書には、

「ネジ部分が隠れるように取り付けしてください」

とありましたが、一応隠れてますので。


いろんな種類、大きさ、デザインがありますので飽きたら他のを探します。

 

 

 

 

 

 

 

1年を経過してコーティング

ミトは、通常、

「青空駐車場」

に、駐車しています。


納車後、すぐにコーティングをしてもらいました。

しかし、ここにきて、さすがに効果もイマイチに。


そこで、

「久保田商店」

にて、コーティングです。

各所を、丁寧にマスキング。

このあたり、かなり入念ですね。

もちろん、四つ葉のクローバーも(笑)

作業の合間の忙しい中、撮影してもらいました。

もちろん、作業はお任せです。

バッチリ、完成です。


今回も、飛び石などの細かい傷は塗ってくれました。

そのため、満足な仕上がりです。


しっとり濡れたようなツヤ

が、復活しました。


しかも、納得価格で施工してくれた従姉妹に感謝です。

帰宅して、駐車場にて。

ボンネットの映り込みが、最高!


今回は、DIY要素は一切なしです。

しかし、

「やっぱり、プロはプロ」

ということに改めて感心しました。

 

グリーンカーテンの季節がっやてきました

ゴールデンウィークの連休も明け、いよいよ今年も、

「グリーンカーテン準備」

をしてみました。


何年か前に買ったネットがありましたので、そのまま利用します。

今年から、

「西側のみ」

に変更します。

おなじみの、この窓にネットを張ります。

数年前に、

「ネット張り付け用の金具」

を取り付けてあるので、簡単です。

あっという間に完成です。

 

あとは、弊社取締役(簡単に言うとおふくろ(笑)が、裏庭で育ててくれたプランターを並べます。

例年通り、プランターは4個です。


まだまだ、若い芽ですが、これからどんどん成長してくれるでしょう。

これまで、かなりいろいろな植物でグリーンカーテンをやってきました。

今年は、

「ふうせんかずら」

だそうです(笑)


さあ、どんな感じに仕上がるか?

お近くにお越しの際は、ぜひ見に来てください。