AtoZ営業日誌

ミトのステアリング交換

ヤフオクにて、破格の、

「ミト用ステアリング」

を、購入できました。


ステアリング交換といえば、

「モモ?」

「ナルディ?」

と考えるかもしれませんが、

「純正から純正への交換」

です。

理由は、のちほど(笑)


ステアリング交換の際、今やエアバッグ問題があるので、まずはバッテリーのマイナス端子を外して1時間ほど放置します。

これが、現在ついている、

「クワドリフォリオヴェルデ」

の純正ステアリングです。


左右のオーディオスイッチ、エアバッグなど、活かしたい機能がたくさんあります。

でも、問題は、この、

「色味」

なんか、地味ですよね?


そのうえ、

「プラスティック感」

が強すぎる気がします。


ステアリングって、運転中、常に触っているものですし、目に入ります。

となると気になって仕方ない性分なのです(笑)

そんなわけで、まずは放置して蓄電された電気がなくなったであろう、1時間後に作業開始です。


エアバッグ部分の取り外しなんですが、ステアリングにある、

「マーク部分」

に、ドライバーをブッ挿します(笑)

なんか、スマートじゃないですが、これが正解のようです。


マークは、すぐに見つかると思います。

しかし、

この後、あーでもない、こーでもないとグリグリいじること15分。

やっと、エアバッグが外れました。


新しく取り付けする側のステアリングをよく見て、

「構造を理解したうえで外す。」

ってことが大切です。

 

エアバッグさえ外れたら、あとは、

「昔ながらのステアリング交換」

と、同じです。


ちなみに、画像の、

紫、白、オレンジ

の各コネクターが、エアバッグ側につながっています。


中心の黒いゴムのキャップを外します。

すると、中心は、こんな感じの変わった形のナットで留まっています。

24mmのソケットで外せます。

国産車なら、クロスレンチで外せるんですが、我が家のクロスレンチに24mmはなし。


仕方ないので、トルクレンチで外そうということに。

ところが、今度はナットまでの距離がありすぎて外せません。


あわてて近所のホームセンターにて、アダプターを買ってきました。

下調べは重要です。

そんなこともありながら、純正ステアリングを取り外しました。


セルシオの時も書きましたが、

「ナットを外してしまわない」

というのが、注意点です。


完全にナットを外してからだと、恐らく、

「ステアリングがアゴに当たる」

という事故が発生します(笑)

 

ステアリングを外した車両側は、こんな感じです。

新しいステアリングを、差し込みます。


センターがずれないように、

「マーク」

が入っていました。


これは、ありがたいですね。


ちゃんと揃えて、取り付けます。

ナットをはめなおして、きっちり固定します。

ゴムキャップを取り付けて、コネクターを元に戻します。


最後に、取り外したエアバッグを押し込んであげれば完成です。

これが、完成写真です。


純正ステアリング同士の交換ですが、ご覧のように、

「色目」

が、よくなりました(笑)


恐らくグレード事なんだと思いますが、中心部分がシルバーなんです。

室内の全体写真がこちら。


オーディオ枠とかと色がそろい、

「華」

が出たと思います(笑)


今回の作業は、

エアバッグの暴発

ステアリングという命に係わる部品

の作業ということですので、自信のない方はプロに任せましょう。

弊社ホームページを参考にされるのはありがたいですが、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

バックカメラの正像、鏡像の切り替え

ミトで、バックするたびに映るのが、

「バックカメラの映像」

なんですが、どうにもこの映像が気持ち悪い。

なんでだ?

と考えていたところ、

「左右が逆に映っている」

というのが原因だとわかりました。


これが、

「正像と鏡像の違い」

だったのです。


画像では、赤いジャッキが、左側に映っています。

ヤフオクの購入履歴を見返してみると、

「カメラ付属の白線を切断すると、正像、鏡像が切り替えできます。」

という一文が。


ちなみに、

「カメラ付属の緑線を切断すると、ガイドラインが表示されます。」

となっていました。


そこで、リアバンパーした部分を外します。


こんなこともあろうと、取り出しやすい場所に収納していた画像の線を取り出します。

そして、説明通り、白線をカット。

ビニールテープで絶縁しておきます。

赤いジャッキが画面、右側に移動しました(笑)


これで、自分が見ている映像が映し出されている状態になります。


改めてみてみると、本当にしっくりきます。

さっさと取り付けることばかり考えすぎでしたね。

ところで、この作業をするために、バンパー下部分を取り外したんですが、

画像左側から、

8mmナット

+ネジ

トルクスネジ

の3本を取り外さなくてはなりません。


なんでどれかに統一してくれないの?(笑)

 

 

 

どうせ、バンパー下半分を外したので、LED化していない、

「バックランプ」

の電球を確認。

電球は、S25だというのはわかっていたのですが、このS25ってやつは、

ピンの位置が、

180°だったり150°だったり、

ピンの位置がずれていたり

するので、確認しておきます。


結論としては、

S25 180° ピン位置違いなし

ということでした。

早速、ヤフオクにて入手しましたので近日中に交換します。

 

ミトにエアクリーナーを取り付け

ミトでの営業も大分慣れてきました。

そろそろ、次なる一手を・・・

と考えていたところ、

「70πの汎用エアクリーナーが取り付け可能」

という情報を入手。


早速、ヤフオクにて格安で購入。

使用感がありますが、全然構いません。

あと、フィルターは欠品でした。

じっくり見てみると、ご覧の通りのサビが浮いています。

でも、いいんです(笑)

 

どうせ塗装しますから(笑)

本当は、ちゃんとサビ取して、ペーパー掛けてから塗るべきです。

でも、いいんです。

取り付けたら、そんなに目立ちませんから。

フィルターは、ネットショッピングにて購入。

色は、やっぱり、

「赤」

を選択しました。


エンジンルーム内の、

「色バランス」

が、重要かなと(笑)

早速、エンジンルームに取り付けします。


まずは、純正のエアクリーナーをボックスごと取り外します。

必要な工具は、プラスドライバーくらいです。

 

ラッキーなことに、落札したエアクリーナーにはゴムのパイプがついていましたので、そのまま流用します。

取り付け用の金具も、ちょうどいい感じでついていました。


車体側とは、この金具をうまく使えば取り付けできそうです。

 

エアクリーナー側の金具と、ヘッドライトの一部がうまく繋げそうです。


そんなわけで、近所のホームセンターにて、取り付け用の金具を調達。

しかし、角度的に、画像の位置のほうが、いい感じです。

そんなわけで、この位置に固定します。


なんのネジかよくわかりませんが、ここを利用します。

赤のヘッドカバーとのコーディネイト(笑)

自己満足です。


しかし、一番は、やはり、

「音」

吸気音が、まったく変わります。

バックタービンの音が、年齢不相応な音になってしまいました(笑)


このまま、何キロか走ってみて、増し締め、干渉の確認などなどしながら様子見します。

しかし、今回のDIY、総予算1500円以下で完成です。

大満足の結果です。

 

立体駐車場対策にショートアンテナ

先日、

「無人立体駐車場」

に駐車しようとしたところ、

「後退」

のランプがついたまま、駐車できませんでした。


なぜか?

そういえば、入庫の際に、何か異音がしていました。


降りてみて、わかりました。

画像のアンテナがあたったので、駐車可能車両のサイズをオーバーしていると判断されたようです。

たしかに、このアンテナ、長いんです。


まあ、ラジオを聴く機会もほとんどないし。

ってことで、ショートタイプに交換します。

 

どうしても、ミトの専用品が欲しかったのですが、運良く、ヤフオクにお手軽な中古品が。

なぜ、専用品か?

というと、この形状が問題です。


汎用品は、真円ですが、画像のように特殊な形なんです。

専用品さえ、入手したら、あとは外して交換するだけです。

このサイズなら、当たることもないでしょう。


緩めて交換するだけですので、工具も必要ありません。

少しだけ残念なのが、台座との色の違い。


せっかくなので、台座もカーボン柄にしたいところです。

事務所隣のガレージに、消火栓を置いていました。

しかし、これ、レプリカだったので、風で倒れるという問題が。


そこで、思い切って買っちゃいました。

アメリカ製の本物です(笑)

とにかく、これ、重いんです。

ヤマト運輸のドライバーさんが、二人で配達してくれました。


そんなわけで、風で倒れる心配はもうないでしょう。


それにしても、いい風合い。

完全に自己満足の世界です。

 

ミト、10万キロ突破記念に小物追加

営業車として購入したので、わかっていたことですが、あっという間に10万キロ到達です。

まあ、よくあるやつですが、

「99,999キロ」

からの、

「100,000キロ」

です。


まだまだ、絶好調。

当分、楽しめそうです。

「100,000キロ突破記念」

に、小物を取り付けします。


まずは、オレカさんから荷物が来ました。

中身は、コレ。

「牽引フック」

です。


黒いボディのワンポイントに、

「赤」

を選択してみました。


クロスさんと悩みましたが、もう一つオレカさんでほしいものがあったので送料無料になるいのでこちらで。

取り付けは、極簡単です。


車体右側にある、

「純正牽引フック」

取り付け場所に、ねじ込むだけです。

 

この、丸いふたを外します。

傷をつけないように、内装はがしで、

「ふた」

を取り外します。

簡単にワンポイントドレスアップできます。

実際に、牽引されないように気を付けないと(笑)

こんな感じで取り付けできます。

ちゃんと、車体の寸法内に収まっているんで、問題ないでしょう。

 

ミト、あれこれ修正

先日の営業日誌にも書いたとおり、ミトにドライブレコーダーを取り付けました。

これによって、

「AUX端子」

がふさがれてしまい、AUXが使えなくなってしまいました。


そこで、あれこれ思案していると、こんなコードを発見!


これを使えば、

「AVセレクター」

を挟むことによって、切り替えができるようになるんじゃないか?

という結論に到達。

考えていても仕方ない!

ってことで、即実行(笑)


AVセレクターは、長男が、

ゲームキューブとプレステの切り替えに使っていて、部屋に捨てていったやつを拝借。

 

ドライブレコーダーの映像と、

携帯の

「ミラーリンク」

の切り替えが可能になりました。


これで、車内でもユーチューブなどが鑑賞可能になりました。

よかった、よかった(笑)

さらに、

「レーダー探知機」

取り付けの際に、

「小物入れ」

が使えなくなるために、挫折していたOBD接続。

これも、

「OBD延長ケーブル」

なるものを発見。


これなら、コネクターがかなり小さいし、いけるんじゃないか?

ってことで、即行動(笑)

OBD接続することで、今まで使えなかった、

「ブースト計」

が使えるようになりました。


場所的にも、実用的で、スマートに取り付けができるというメリットも。

 

小物入れのふたは、

「ビミョーに残念。」

ですが、こういうものだと言われたら、

「まあ、こういうものでしょ」

ってことで、妥協(笑)

まあ、気になると言えば、気になります。


しかし、これ以上の精度を求めていくと、

「小物入れ側の加工」

が、どうしても必要になります。


そんなわけで、これでヨシとしましょう。


当然、実用性には、まったく問題ありません。



なによりも、

「ブースト計のカッコよさ」

が一番なので、満足です。

 

事務所にミラーボール(笑)

港北のIKEAで発見した、コレ。


事務所に飾ったら面白い!

まさに、ビビっときました(笑)

 

子供部屋の売り場に展示されていましたが、商品番号がわからず。

店員さんに聞いたら、

「照明売り場」

にありました。

 

IKEAの商品ですから、説明書は、

「絵で理解する」

やつですが、もちろん、簡単!


特に工具も不要です。

家にあった、フックを利用して取り付けです。

まさに、あっという間に完了です。

テレビ用の天井のコンセントにつないだらあっという間に出来上がり。

そして、これも家にあった、

「タイマー」

を使って、看板と同じ時間だけ光るようにしてみました。


暗くならないとわからないですが、光ることは確認しました。

夜、事務所に帰ってきて、どんな感じに光っているか楽しみです。


ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、弊社事務所にお寄りください。

 

雨の季節に備えて

気が付けば5月の連休も終わり。

この先に待っているのが、

「梅雨」

ですよね。


梅雨といえば、雨。

雨といえば、ワイパー。


安全運転のために、視界確保は重要です。

もちろん、納車以来、何度か雨を経験しましたが、助手席側の拭き残しが目立っていました。

さらに、ワイパーを動かすたびに、ビビリ音が気になります。


助手席側は、よく見ると画像のような状態です。

完全に浮き上がっています。


これでは、拭き残しがあるのもうなずけます。

ワイパーブレードの劣化によって、ゴムが固くなりガラスに密着していないようです。


こうなると、やはり、

「交換」

となります。


純正品をディーラーで交換したら、相当な金額になりそうなので、当然DIYです(笑)

選んだのは、コレ。


650mm(運転席側)

380mm(助手席側)

を、ネットショッピングにて購入しました。

 

ワイパーを立ててみると、こんな感じ。


助手席側は、

「棒」

状態です。


まったくしなりがありません。

ワイパーブレードの取り付け部分は、こんな感じ。


先端の部分を押してあげれば、簡単に外れます。

付属の取り付け部品は3つ。


明らかに一番左側の部品が、ソレですよね(笑)

この部品を、右側の新しいワイパーブレードに取り付けします。

ブレード側にも、部品側にも▲の印がついていますので揃えて取り付けします。

あとは、車両に戻してあげれば完成です。


少しわかりにくいですが、助手席側もガラスに密着しています。

最終的に、

ワイパーブレード同士が干渉しないか?

きっちり取り付けできているか?

などを、実際に動かしてみて、問題なければ完成です。



もちろん、見た目に大きな変化はありません。

しかし、ワイパーを動かしてみたときの、

スムーズさ

静かさ

そして正確な拭き取り

などなど、変化は歴然です。


鬱陶しい梅雨が来る前に、ワイパーブレードの交換をしてみたらいかがでしょうか?

安全運転のためにも、ぜひ、ご一考ください。

 

ドライブレコーダーは今や必需品?

IMG_3505

保険代理業をしていると、どうにもならないことが時々起こります。

それが、事故の時の、

「止まった、止まってない」

「赤だった、青だった」

という、お互いの主張の平行線状態。


そんな時に助けになるのが、

「ドライブレコーダー」

です。

ここのところ、急激に普及してきています。


なんといっても、記録された映像は、やはり、

「証拠」

になります。

IMG_3506

そこで、営業車のミトに導入します。

選んだのは、カロッツェリアの、

「NDーDVR1」

という機種です。


一番の特徴は、

「メインユニットのナビとの連動」

です。


撮影した画像や動画をナビの画面で確認できるなどのメリットがあります。

IMG_3507

取り付け自体は、電源を取ってカメラを取り付けるという簡単なものです。

しかし、こういう注意を無視して失敗してきた経験をもとに、

「リンクケーブルは最後、リンクケーブルは最後」

と、言い聞かせながら作業に入ります(笑)

IMG_3595

いつも通り、サクッとナビをばらします。


必要な電源は、

常時電源(常に12Vがきている線)

ACC電源(キーをオンにしたときに12Vがきている線)

アース(車体のマイナス)

を取るだけです。


一番簡単なのは、やはりナビの裏からの分岐。

ドライブレコーダー側の電源線が、あらかじめそのように加工されていました。


アースは、先日とった運転席左側の小物入れの奥から引っ張てきます。

IMG_3597

カメラは、この位置に貼り付けします。


両面テープでの固定ですから、脱脂をきっちりしておきます。

この位置だと、ルームミラーに隠れて、カメラ自体は運転中視界に入りません。

さらに、雨の日もワイパーがかかる部分なのできれいに撮影できるでしょう。


コードを付属のクランプで留めて、ルーフを通してAピラーに通します。

IMG_3598

テレビのアンテナ、ETCのアンテナ線が通っているAピラーを通して助手席足元に落とします。

IMG_3600

ナビの裏から持ってきた電源線と、リンクケーブル。

そして、Aピラーから落としてきたカメラのケーブル。

これらを、本体のユニットに接続します。

最初は、本体ユニットは、グローブボックス内に置いておくつもりでしたが、

「本体内にはGセンサーが内蔵しています。」

「揺れのない場所に固定してください。」

という説明書の文章から、ここの場所に決めました。


ケーブルは、3本まとめて付属のクランプで固定しましたので、意外とすっきりしています。

IMG_3602

あとは、ナビ側の設定で、

「ドライブレコーダー ON」

としてあげれば、完成です。


前述の通り、ナビ側で、すべての操作ができますので、とにかく便利です。



しかーし、ここで問題が!

ドライブレコーダーは、AUXに入力しますので、携帯をナビに映す機能が使えなくなってしましました。

ここは、切り替えスイッチをつけるかの工夫が必要です。

カロッツエリアさん、なんとか便利なスイッチの発売をお願いします(笑)


たしかに、ナビの取り付け説明書には、

「ドライブレコーダーを取り付けた場合、AUXは使えなくなります。」

という記述がありました(笑)

IMG_3601

まあ、それは、後日ということで、

「カメラの角度調整用のネジ」

を締めて、ナビを元に戻して完成です。


夜間も走行してみましたが、本当にきれいな映像が撮れています。


何もないに越したことはない!

ですが、万が一の際の自分の主張を裏付ける一つのアイテムとして、

「ドライブレコーダー」

は、いかがですか?



PS 朝、ラジオを聴こうと思ったら、聴けません。

間違いなく、ナビにラジオのケーブル挿し忘れてますね(笑)

 

純正ホイールを生かしつつ

IMG_3350

ミト購入後、

徹底的に掃除

ナビ、バックカメラの取り付け

シャコタン化

と、一通りのDIYは終了しました。


車高も決まったので、アライメント調整しなくてはいけません。

そこで気になるのが、

「電車みたい奥まったホイール」

ってことになります。


となると、ホイールの交換。

ってことになるのですが、うちのミトはクワドリフォリオの18インチ。

デザインが気に入っているうえ、

PCD98というクライスラーと同じく特殊サイズ。


ならば、ホイールだけ

外側に出したい、ならば、スペーサーでしょ?

IMG_0037

現状、画像のような状態。


ツライチ

までホイールを出してしまうと、

フェンダーとの干渉

インナーフェンダーとの干渉

などなど問題発生の可能性が。


さらに、タイヤとホイールは命に直結します。

いろいろと探した結果、

IMG_3356

TEZZOのミト専用スペーサーを導入することにしました。

フロント 8mm

リア   15mm

という絶妙なサイズです。


もちろん、ロングボルトも一緒に注文します。


リアの15mmは、ハブ付きなんですが、このハブの角度がミソです。

クワドリフォリオの純正18インチは、この角度が特殊で、専用品でないと危険です。

IMG_3352

ちなみに、これが、

フロント右

IMG_3354

そして、こちらが、

フロント左

IMG_3357

このように、面取りしてある面を車両側に向けてホイールとの間に挟み込みます。

そして、スペーサー分、長くなったボルトで止めるだけ。


車両側からボルトが出ていて、ナットを止める国産車などではできない技法です(笑)

IMG_3359

間に挟まっているシルバーの部品がスペーサーです。

文字通り、

このスペース分、ホイールが外側に出る

ということになります。

IMG_3362

ちょうどいい感じに外側に出ました。


リア左

です。

IMG_3364

こちらは、


リア右

です。

IMG_3366

フロント右

です。

IMG_3361

フロント左

です。


Before

After

で、ぜひ、比較してみてください。


今後、スペーサー導入検討の皆さんに、参考にしていただければと思います。



当然ながら、自己責任でお願いします。

IMG_3368

そして、最後にアライメント調整をしてもらいました。


結果、

右側フロントタイヤが内側に4.8度

左側フロントタイヤが内側に2.4度

傾いていたそうです。


つまり、極端に言うと、

タイヤを引きずって走っていた状態

だったそうです。


スペーサーの作業は自分でしようと思っていましたが、今回はアライメント調整とともに、

いつもの、

「ダイレクトレーシング」

さんで、お世話になりました。

社長、M下君、大変お世話になりました。

ちなみに、作業後は、衝撃です。

まっすぐ走るってこういうことだなと(笑)