AtoZ営業日誌

日本ファイナンシャルプランナーズ協会のFPジャーナル

201676144154.JPG

日本ファイナンシャルプランナーズ協会の機関誌である、

「FPジャーナル 7月号」

が届きました。

 

今月号の特集は、

「子どもの6人に1人が貧困に FPができることとは」

という衝撃のタイトル。

 

学校で言うなら、35人クラスで5~6人が貧困・・・とうことになります。

しかし、これには、地域格差もかなりあります。

沖縄県   37.5%

大阪府   21.8%

鹿児島県 20.6%

逆に

福井県   5.5%

これが実態です。

 

201676145251.JPG

この、

「子どもの貧困問題」

について、我々FPは何ができるのか?

 

FPは、

「顧客のためのライフプランの作成」はできますが、財産形成そのものはできません。

貧困問題脱出には、

子どもの教育の大切さ

公的支援制度の紹介

を訴えていくしかできません。

 

多くの子どもたちが、幸せな生活を送れるために、これからも取り組んでいくべき問題だと思います。

余談ですが、弊社は、基本的に「子供」という言葉は使いません。

自身の子供以外には、「子ども」という表記を使っています。

これは、弊社がお世話になっている弁護士先生からのアドバイスです。

子、供というのは、子どもたちを見下した表現だということです。

 

20167615421.JPG

FPジャーナルには、他に、

FPフェア 2016の案内

団体保険制度のご案内

が同封されていました。

 

FPフェアは、毎年開催されています。

今年は、大阪で開催されるということです。

竹中平蔵先生の講演もあるので、久々に参加してみようかなと思案中です。

 

そして、団体保険制度。

成年後見賠償責任保険

広告宣伝侵害賠償責任保険

所得補償保険

に、それぞれ加入できます。

 

引受保険会社は、損保ジャパン日本興亜かな?と思ったら東京海上日動火災でした(笑)