AtoZ営業日誌

ラパンのフロントスピーカー

201612710198.jpg

カーシアター化して、5.1chを満喫していた「ラパン」

ところが、いつのころからか、轍や段差を通り抜けるたびに、

「右前のスピーカーの音が途切れる」

という現象に悩まされていました。

 

最も最初に疑ったのは、DSPユニット。

それぞれのスピーカーに音を振り分けるアンプであるDSPに問題があるのか?と疑い、リセットしてみたり試行錯誤。

カロッツェリアに問い合わせたところ、正常なスピーカーラインと、異常なスピーカーラインを差し替えてみてください。

とのことでしたので、差し替えてみたところ、見事に右前スピーカーの音が途切れました。

 

つまり、DSPユニットには、問題なし。

 

となると、

「右前スピーカーの接続」

に問題があるということです。

 

2016127102624.jpg

ここのところ、あまりにも寒いうえ、

本業(笑)

が忙しくて、手つかずのままでした。

 

やっと、昨日の夕方時間が取れましたので、作業を開始します。

まずは、サクッとドアの内貼りをはがします。

 

そして、スピーカー周りのコード類の接続を、入念にたどりながら、探っていきます。

 

 

久々に内貼りをはがしましたが、なんちゃってデッドニングも、ちゃんと残っていました(笑)

効果もありますので、高価なデッドニングキットは、必ずしも必要ないのかもしれません。

 

201612710326.jpg

んで、

犯人確保!

車両側からネットワークへの入力ラインのコードが、この有様です。

 

完成の喜びのあまり、焦って作業したのが原因でしょう。

見事に内貼りと、ドアパネルに挟まれて接触不良を起こしていたんだと思います。

 

つぶれてしまった部分の手前で切断し、新しいギボシを取り付け接続しなおします。

試しにDVDを鑑賞しながら、一回りしてきましたが、音飛びの症状はなくなりました。

 

内貼りを戻して、完成です。

 

こういう、しょーもないミス。

今回は、特に事故にはなりませんでしたが、他のコードなら、最悪、車両火災の可能性さえあります。

この手の作業をする場合、細心の注意が必要だと改めて思いました・・・反省。