AtoZ営業日誌

セルシオのウーハー交換パート2

2014127121714.JPG

大作過ぎて、1話に収まりませんでした(笑)

 

これでいよいよ本日の主役、純正ウーハーにアクセスできます。

この狭い中に、身体を突っ込んで作業したのが、冒頭の筋肉痛の原因でしょう。

 

ウーハーは、ネジ4本とコネクターでとまっていますので、コレを外します。

 

201412712249.JPG

取り外した純正ウーハーがこちら。

 

作りはしっかりしてるな、という印象です。

まだまだ現役で使えそうです。

 

そんなわけで、ヤフオクに出品しちゃいました(笑)

格安の100円スタートで、好評実施中!!

 

2014127122740.JPG

ちなみに、純正ウーハーの裏側です。

 

今回は、特に書きませんが、スピーカーには、インピーダンスというのがあります。

このインピーダンスが特殊なため、セルシオのスピーカー交換は面倒くさいんです。

 

 

だから、このウーハーも、ほぼセルシオの専用と考えていいでしょう。

 

2014127123223.JPG

さあ、いよいよ作業は、電気と工作になります。

 

ちなみに、事務所内は外した部品の山。

これを見ると、

「ほんとに元に戻るかな?」

なんて、不安になってみたり(笑)

 

 

まあ、立ち止まってはいられないので、作業を続けます。

と、ここで、待ちに待っていたものが届きます。

 

じつは、これがないと作業は完成できませんでした。

 

2014127123624.JPG

届いたのは、コレ。

 

いわゆる、

「バッフルボード」

というやつで、スピーカー類の交換には必需品です。

 

 

これまた、ヤフオクで落札したやつなんですが、週末に届くかどうか心配でした。

佐川急便が現れた時には、うれしかったです(笑)

 

 

これで、頑張れば当日中に作業が終わります。

 

2014127124017.JPG

そんなわけで、喜び勇んでバッフルボードに新ウーハーを固定します。

 

最初に用意しておけばよかったんですが、

バッフルボードにウーハーを固定するネジ

バッフルボードを車体側に固定するネジ

がありません。

 

ありあわせのネジを探しましたが、そうそうヒットするやつはありませんよね~

 

2014127124331.JPG

トランクの内装を剥がしたら、事務所に移動します。

 

ここからは、工作の時間です。

もうここまで来たら、自分のセンスで自由に作業ができるので、楽しい時間です。

 

アンプとヒューズボックスをレイアウトして内装に固定します。

必要な穴をドリルで開けて、そこにコード類を通します。

 

ルールなんて無しの、自由な発想でOKです。

 

2014127124724.JPG

内装をもとに戻して、配線したら完了です。

 

 

あれ?アンプ曲がってる?(笑)

 

いやいや、角度の関係です(笑)

右にあるのは、ボリュームのつまみです。

 

2014127125032.JPG

車内にバッフルボードを固定して完成です。

かなり省略していますが、当然ながら、あれこれを固定してしまう前に、アンプの電源は入るのか?ウーハーは鳴るのか?車両側の電気系統の問題はないか?

を、必ず確認しながら作業しましょう。

そうでないと、きっと、心が折れます(笑)

これも、誰かと作業をすることをおススメする一因です。

 

最後に外した部品を元に戻して、セッティングをしたら完成です。

ちなみに、この時、めちゃイケの2時間スペシャルが終わるところでした。

作業時間13時間。

そりゃあ疲れますよね。

 

毎度のことですが、マネされる方は自己責任でお願いします。

バッ直などは、車両火災の原因にもなりかねません。

作業する前に、必ず事前準備をしましょう。