AtoZ営業日誌

構内専用車

2014428154632.jpeg

突然ですが、この車、あるべきものがありませんがわかりますか?

そう、いわゆる「ナンバー」がありません。

一時、または永久抹消した車は、ナンバーを返納しますので、ナンバーはなくなるわけです。

当然ですが、車検もありませんので、公道を走ることはできません。

でも、車としては、まだまだ動くとしたらどうでしょうか?

例えば、農家の方が畑の中の移動に使いたい、工事現場の中の移動に使いたい・・・。

行動は走れませんが、逆に言えば私有地内は走れるわけです。

このようなケースは、非常によくあるケースです。

このような車を、保険業界では、「構内専用車」と呼びます。

作業用の重機でナンバーのないものや、工場内のフォークリフトなどがこれにあたる可能性があります。

このような車は、車検がないわけですから、当然ながら車検証はありません。

でも、万が一に備え、任意保険はかけておきたい・・・よくあるケースです。

 

2014428155534.jpeg

では、どのように契約するのでしょうか?

よくある間違いなんですが、

「自動車保険は、契約者(被保険者)が補償されるもの」

と思われがちですが、

「自動車保険は、被保険自動車が補償されるもの」

です。

つまり、契約には自動車の特定が必要なのです。

ですから、このような場合、

「車体番号」

で契約します。

車体番号は、抹消証明書に記載されていますから、これをもとに契約するのが一番簡単です。

しかし、そのような書類がない場合、自動車に刻印されている車体番号を確認する必要があります。

構内専用車は、公道を走るわけじゃないから保険はいらない・・・。

これは、絶対に間違いです。

工場内に来客中の取引先の従業員の方を、フォークリフトでひいてしまったという例は、大変多く存在します。

そして、意外に忘れがちなのが、

「自賠責保険」

の契約です。

この辺りは、改めてご紹介します。