AtoZ営業日誌

セルシオのフォグランプ交換

2014124183453.JPG

実は、先週いつものように娘を駅に迎えに行くと、店舗のガラスに映る自分の車に違和感が・・・

 

「あれ?フォグランプ片方点いてない。」

 

うちのセルシオは、フォグランプのレンズ割りをしています。

30系の前期のセルシオに乗ってる方ならご存知の方も多いでしょうが、フォグランプのレンズの中に黄色いカバーが入っています。

そのため、電球を替えても黄色く光るんです。

 

個人的には、黄色いランプは好きじゃないのでこのカバーを割って白く光るようにしています。

 

電球には、LEDを選んであります。

そのため、ヘッドライトとケルビンを揃えたので、ほぼ同じ色温度で光っていました。

 

そのLEDが、切れてしまったみたいです。

 

201412418419.JPG

大体、長寿命ってのが、LEDの売りなのに、なんてこったい!

って感じですが、明らかに大陸系の製品でしたので、期待はしていませんでした。

 

まあ、一年近くもったんだから、よしとしましょう。

 

とはいえ、切れたままでは我慢できません。

そこで、前から、ずっと気になっていたHIDの「一体型」を使ってみることにしました。

 

 

ちょっと前までは、HIDキットといえば、1万円越えでしたが、今回オークションで送料入れても5千円以下でした。

 

 

とはいえ、明らかに日本製ではないですね~(笑)

でも、どんなものか?試しに使ってみます。

 

2014124184622.JPG

一応、バラストと本体は分解タイプです。

 

 

55W8000K

なんで、今回も、ヘッドライトと色温度は揃えてあります。

 

 

でも、55Wなんで、光量は大きくなることでしょう。

 

そんなわけで、さっそく取付を・・・

といきたいところなんですが、とにかく、

「セルシオのフォグランプのバルブ交換は面倒くさい!」

んです。

 

タイヤハウスのカバーからアクセスしないとなりません。

 

2014124185111.JPG

前回、黄色いカバーを割った時、

「当分やりたくない!」

と思ったんですが・・・

 

そんなわけで、週末にゆっくり挑戦します。

 

きれいに光ったら、また報告します。