AtoZ営業日誌

愛犬と保険

2013927165643.jpg

以前の営業日誌にも書きましたが、我が家には、愛犬がいます。

「ポメラニアンのポポ」

といいます。

 

もう10歳を超える老犬ですが、まだまだ元気です。

でも、今後、病気だったり、いずれ亡くなることを考えなくてはなりません。

犬は、家族ですが、命あるもですから。

 

犬がかかる病院といえば、もちろん、

「動物病院」

です。

 

もちろん、健康保険はききません。

全額、自己負担になります。

 

20139271713.jpg

じゃあ、ペットに保険はかけられないの?

という疑問が出るでしょう。

 

基本的には、無理です。

 

理由は、恐らく、

「個体特定が不可能だから」

ということになるでしょう。

 

ペットは話すことができませんから、その犬が、ポチなのかハナなのかわかりません。

これでは、不正請求も後を絶たなくなるでしょう。

 

そこで、大手のペットショップが扱っているのが、

「ICチップ」

を活用した個体特定。

 

実際、これによって、

「ペット保険」

が、取り扱われつつあります。

 

残念ながら、一般の保険代理店では、取扱いできません。

ペットを飼うとき、まず、このような保険について調べてみるのもいいかもしれません。