AtoZ営業日誌

セルシオのサイドウインカー修理編

いい加減な作業
ショート・ヒューズ切れ
元に戻す
 
 
で、終わっていたセルシオのサイドウインカー作業ですが、ササッと完結しました。
 
 
 まずは、反省を込めて、先日の作業のウインカーです。
  IMG_20130514_164548.jpg
これの、コネクター部分のアップがこれ。
IMG_20130514_164556.jpg
差し込んだ金具が、
+とーで、接触しそうだなあと思って、セロテープ巻いちゃいました。
 
 
夕方の焦りが、こうさせたのでしょう(笑)
 
 
 
 
で、修理するわけですが、もちろん、この部分を、
切ります!
IMG_20130514_164754.jpg
んで、真ん中は捨てます。
じゃあ、コネクター買う必要なかったじゃん(笑)
 
 
そして、コード同士をつなぎます。
まず、必要なのは、このような、
「圧着ペンチ」
IMG_20130514_164702.jpg
高いものではないのと、電気関係には、必須です。
買っておきましょう。
 
 
 
さらに、端子類。
IMG_20130514_164720.jpg
中が区切れるお弁当箱は、便利です。
 
 
あとは、端子をコードにかしめて、
IMG_20130514_164957.jpg
 
 
 
 
 
完成です。
IMG_20130514_170045.jpg
左右分作るのは、当然ですね。
 
 
 
 
さて、このような作業の場合、最低限のルールがあります。
それは、必ず、このように繋ぐことです。
IMG_20130514_165505.jpg
 
 
 
通常、赤は、プラス。
黒は、マイナスになります。
 
 
端子は、2種類あり、
オスとメス
で接続します。
 
 
 
 
こちらが、オス。
IMG_20130515_170032.jpg
左側のゴムカバーと一対です。
 
 
 
こちらが、メス。
IMG_20130515_170016.jpg
オスに比べて、ゴムカバーが大きいのがわかります。
 
 
 
んで、ルールですが、
これは、私の、車の先生(同級生の整備士さん)に教えていただいた基礎です。
 
 
 
車の電気は、車両側からプラスが出ています。
逆に、マイナスは、アースつまりボディ全体がマイナスなわけです。
 
 
 
上記のことから、
車側から、電気機器に向かう赤線には、メスを付けます。
 
なぜか?
 
 
万が一、コネクターが外れた場合、オスがついていると、
車体に触れた場合、ショートする
からです。
 
 
 
 
上の写真で確認してください。
ウインカー
または、
ハザード
点灯中に、コネクターが何かの拍子に外れたとします。
これなら、ショートの心配はありませんよね。
 
 
逆に、万が一、マイナス側が外れたとしても、
機器側から、車体側に戻る黒線は、メスになっています。
 
 
 
メスは、大きなゴムのカバーで守られていますから、
ショートの心配がないわけです。
 
 
 
実は、こんなことも知らずに、完全に思いつきで作ってました。
これを、教えられたときは、
感動
しちゃいました(笑)
 
 
 
何事にも、理由がある!
今日の、教訓です。