AtoZ営業日誌

Safety Sightがついにダウンロードできます!しかし・・・

002.jpg
 
先日お知らせした、NKSJグループ(損保ジャパンと日本興亜損保)が開発した、
「SafetySight」
の、アンドロイド版が、ついに昨日からダウンロード可能になりました。
 
 
早速、ダウンロードして、使ってみました。
 
 
でも、その前に必要なのは、写真のようなスマホホルダーです。
オートバックスさんで、1,580円でした。
 
何時間でもいられるくらい、いろんな種類があって、迷ってしまいます。(笑)
値段的には、1,000円から2,000円くらいです。
まさに、好みで選んでください。
 
私は、フロントガラスに吸盤で付けたかったので、これを選びました。
 
 
このホルダーを、下記のように取り付けます。
 
001.jpg
 
ホルダーの下の箱は、センタースピーカーです。
今回の話には、全く関係ありません(笑)
 
 
それでは、さっそく取り付けて走ってみましょう。
最初に、スマホの設定作業があります。
 
簡単に言うと、
 
1.カメラの上下左右の設定(まっすぐつける)
カメラの画像に十字のラインが出ますので、それに合わせて固定します。
 
2.カメラの取付位置の高さを設定
これは、複数ある車種から選ぶだけなので、簡単です。(例、セダン・軽・ミニバン)
 
これだけです。
詳細な設定は、特に変える必要はありませんでした。
 
 
それでは、走行開始です。
 
前車との、車間距離は、前車のナンバープレートを元に算出しているみたいです。
赤いマークが、チラチラと前車のナンバープレートを確認しています。
 
これで、いわゆる、
「ドライブレコーダー」
の役割も果たすのですから、安心です。
 
 
 
ところが、問題発生!
走行開始から、約5分。
 
「本体温度上昇のためカメラ機能を停止します。」
 
というメッセージが出たかと思うと、ホーム画面に・・・・・。
 
なんじゃそりゃ!!
 
 
 
恐らく、充電しながら使用したのと、ホルダーが、電池部分を塞いでしまう・・・
この二つが原因だと思われます。
 
 
そんなわけで、
「運転診断機能」
も、
「ドライブレコーダー機能」
も、使えなくなってしまいました。
 
う?ん、残念。
 
充電満タンの状態で、明日から使ってみます。
今のところ、評価はできない・・・
という状態です。
 
 
明日以降も、続報を書いていきます。