AtoZ営業日誌

預かったものは、火災保険で補償されるのか?

logo.png
 
今日は、体育の日で休日ですが、事故やら見積もり依頼やらで営業中です。
この、体育の日なんですが、何年か前の法律改正で、何やらおかしなことになりましたね。
 
現在は、体育の日は、連休になるように、月曜日になっていますが、今一度考えてみたい。
体育の日て何?
 
この答えがわかる方が、現在、どのくらいの割合でいるのでしょうか?
そもそも、体育の日とは、
昭和39年、東京オリンピックの開会式があったのを記念した日です。
 
昭和39年10月10日
これが、本来の「体育の日」です。
 
ちなみに、東京オリンピックの開会式をこの日に決めたのは、
1年間で、1番晴れる日が多いから
なんだそうです。
 
こういう意味のある日を、連休重視で変えてしまう。
非常に疑問です。
 
 
さて、今日は、見積もりを作りながら、ふと考えたことを記事にします。
 
本日お見積もりを作っているのは、
「受託者賠償責任保険」
です。
 
これは、業務において受託した(つまり預かった)ものに対する保険です。
例えば、わかりやすいのが、ホテルのクローク。
 
これからの季節、コートなどを預けますよね?
その預けたコートが盗まれた(なくなった・・はダメ)
火事で燃えてしまった
などの際に補償する保険です。
 
火災保険で補償されるだろう・・・
これは、間違いです。
 
企業経営者の皆様、今一度お考えください。
自社の倉庫の中に、
「他社から預かった商品、原材料」
は、ありませんか?
 
火災保険だけでは、補償されない可能性があります。
ぜひ、保険の見直しを!