AtoZ営業日誌

ミトのナビを交換する

IMG_1567

さて、連日のミトですが、納車からナビはついていました。

イクリプスのHDDナビです。

当時は、そこそこ高いモデルだったと思います。

ミュージックサーバーもありますし、機能的に問題はありません。

しかし、

「地デジに対応していない」

という問題点が。

IMG_1568

やっぱり、

「地デジ見たいしなあ」

ってことで、ナビを交換します。


一旦外して配線等を見てみると、スピード線はAピラーから延長していたり、リバース信号が接続されていなかったり、結構強引な取り付けです。

さらに、せっかくのステアリングリモコンも使用不可能です。

というわけで、取り付けキットも入手しました。

IMG_1569

車両管理を、CAN-BUSシステムで行う欧州車の場合、この手のキットは必需品です。

早速、イクリプスのナビは取り外します。

きれいさっぱり状態です(笑)


なお、ナビは中古パーツの大手に持ち込んだところ、5,000円で売れました。

ラッキー!

 

IMG_1571

取り付けキットの配線図通り、まずは机の上で配線を作ります。

右上の黒い箱は、ミトの純正BOSEシステムの音量変換装置です。

これは、前のナビからついていましたので、再利用です。

スピーカーコードは、捩じっておくのが流行りみたいなので、マネしておきます(笑)

IMG_1574

ナビ交換の最大の理由は、

「地デジの導入」

ですから、フィルムアンテナを張り付けします。


コツは、とにかく貼り付け面の丁寧な脱脂です。

IMG_1576

せっかくAピラー周りをばらすので、最近の車の必需品、

「ETC」

も導入します。

こちらは、中古のETC5というモデルです。

ナビとの連動ケーブル付きです。

先に、オートバックスで、セットアップをしておきました。

本体は、グローブボックス内に取り付けます。

IMG_1577

そのために、グローブボックスを、まずは取り外します。

この、グローブボックス、かなりあちこちに細かいネジがあり、一苦労でした(笑)


そして、みんカラはじめ、あらゆるサイトで研究しましたが、このグローブボックスの奥に、

「ヒューズボックス」

があるはずでしたが、見当たりません。

IMG_1578

グローブボックス側から、ナビ裏を見てみると、ご覧のような伽藍洞。

これなら、ラパンのようなコードの取り回しに関する苦労はなさそうです。


ところで、ヒューズボックスはどこ?

という疑問を抱きつつ、作業は進みます。

IMG_1580

外したグローブボックスは、事務所内で加工します。


よくみると、グローブボックスの上に小さな物入れがあることを発見。

ETC本体を入れておくには、ベストサイズです。

IMG_1581

その、小さな物入れの裏側に、ホールソーで穴をあけ、配線を中に引き込みます。

IMG_1570

今回の主役、ナビです。

選択に当たってのポイントは、

ミュージックサーバー付きであること。

地デジが視聴できること。

使い慣れたパイオニアかアルパイン。

この条件の下、AVIC-RZ900を選択しました。

IMG_1582

無事装着です。

ドリフのDVDが映りました(笑)


ワイパー、ライトなど電機系部品を確認します。

IMG_1583

化粧パネルを装着して完了です。

さあ、これで快適な営業車の完成!

と思いきや、サイドブレーキを下すと、

「走行中は、音声のみでお楽しみください」

の表示が。

え?助手席の方のために、サイドブレーキラインはアースに落としたのに?

IMG_2723

実は、これが今回作業のミソです。

前述のヒューズボックスは、よくよく考えたら、左ハンドルのミトの場合、反対側の運転席側にあるのは当たり前のことでした。

ハンドル左の小物入れを外すと、奥側にヒューズボックスはありました。

そして、さらに、サイドブレーキのアース問題なんですが、

「確実にアースしましたか?」

という車屋さんの後輩に言われ、そういえばETCやら、ナビ本体のアースやらと一緒に車両コネクター側のアース線にネジ止めしていたことを思い出しました。

そこで、検電テスターでヒューズボックス付近の金属をいろいろと探ったところ、画像左上の部分がアースになることがわかりました。

エーモンのアース取り出しコネクターを張り付けし、確実にアースしたところ、サイドブレーキライン問題も解決しました。

ネットで納車前から知識だけを詰め込み、応用が利かなくなっていたのが、今回の問題点です(笑)