AtoZ営業日誌

折れた部品の修復

ミトのグローブボックスの中のランプ。

画像のようにツメが折れて、開けるたびに落ちてくるという状態。


どうにも我慢ならず、とりあえずトランクのランプと交換しよう!

ということにしました。

ところが・・・

交換しようとしたら、なんと、トランク側もツメが折れました(笑)

このあたり、イタリアンクオリティ。


さあ、どうしよう。

近所のホームセンターで、あれこれ物色。

そこで、見つけたのが、コレ。


真鍮製のプレートです。

アルミニウム、銅、真鍮が売っていました。


いろいろ考えましたが、

「電池ボックスの金具って真鍮製じゃないか?」

「要するに、しなるってことだろ?」

ってことで、とりあえず真鍮製を購入。

こんな形に切り出します。

金切りハサミがあれば、簡単に加工できます。

この形にする理由は、

「金具を入れたい部分の幅と、車体側の受けの幅が違う」

ということ。

車体側の受けの部分が、ちょうど6mm。

ってことで、この形にします。

電球用のカバーのところに、ちょうどいい感じの隙間があるので利用します。


幅が広いほうを折り返して厚みを出します。

そして、隙間に入れてあげればガッチリ留まります。

そして、上側に伸びている金具を、折れた部分を参考に折り返します。

要するに、バネの働きをしてくれたらいいわけです。


あとは、配線して車両に戻すだけ。

今回、0.3mmを使いましたが、もっと厚いほうがいいでしょう。

多少ぐらつきます。

そんなわけで、近日中にリベンジします(笑)