AtoZ営業日誌

代車・ミニクーパークラブマン(クーパーS)

クライスラーも早いもので24か月点検の時期がやってきました。

クライスラーのディーラー(すっかりジープ)で点検です。

代車に貸してくれたのは、

ミニクーパークラブマン(クーパーS)でした。


平成29年8月式。

走行は5,000キロちょっとです。

まずは、エクステリア。

これこれ!

このヘッドライトを「ミニジーノ」も目指したわけです。


周りのLEDは、デイランプ。

プロジェクターがいいね!

観音開きのバックドア。

ワイパーが、左右に独立してついている構造です。


トランクの容量は、かなり広めです。

これは、いい!

ぜひ、ミニジーノにも取り入れたいですね。


意外と平面の部分についているので、ミニジーノ流用も可能かな。

続いては、インテリア。

一つ一つのデザインが秀逸です。

ナビは、国産車と遜色なし。

とにかく外車の弱点だった、こういう部分が進化しているのはイイ。

ナビの周りが、いろいろな色に光ります。

ソースは、

ラジオとブルートゥース。

地デジがないのは、個人的には残念。

エアコンは、もちろんフルオート。

このスイッチ類のデザインは、ミニ伝統のデザインですね。


真ん中の赤いトルグスイッチが、エンジンのオンオフです。

さらにその下には、AUX端子としてUSBがついています。

こちらが、シフト周り。

シフトノブの付け根のリングで、走行モードが選べます。


手前左側は、サイドブレーキのリリースボタン。

手前右側は、ナビの操作ボタンです。


丸い部分に手書きで入力することが可能でした。

このあたりは、BMW感が出ていますね。

ルームミラーの手前には、ルームランプのスイッチが。

エンジンのオンオフボタンと共通のデザインがおしゃれ。


LEDじゃないというのは、どうなんでしょう?

助手席周りのデザインです。


このあたりの質感は、さすが!

ハンドルとメーター周り。

ステアリングのボタンで、あれこれ操作可能です。


何よりも、握り心地が最高です。

メーターもデザイン重視ですね。

スピードメーターは、実用性<デザインです。


右側にあるのが、ガソリン残量のランプです。

デザイン重視なのは、こんなところにも。


後方視界は、壊滅的な狭さです(笑)

特に、真ん中の柱が、邪魔でした。

高速道路も、いつ覆面が来るかわからないのでゆっくり走れそうです(笑)

逆に秀逸的だと思ったのが、ドアポケット。

容量がとにかくデカい!


なのにデザインが溶け込んでいます。

財布もカギも、どんどん投げ込んでも充分な容量です。

車内中央のルームランプ。


こういうのは、絶対にマーチやヴィッツにはつかないのでしょう。

エアコンスイッチ類を再度アップ。

この手のデザインのエアコンは国産にもたくさんあります。


でも、なんなんでしょう。

この質感。

ナビの操作部分です。

タッチパネルでも操作できますが、慣れたらこれは便利なんでしょう。

逆に言うと、慣れるまでは、使いにくかったです(笑)


シフト付け根のリングなんですが、

スポーツにすると、ナビ画面にライン付きのミニが映し出されます。

グリーンにするt、ラインが消え、いかにもエコな雰囲気になります。

バックカメラもあります。
左側には、ソナーの警告画面も。

サンバイザーのミラーもこんなデザイン。

これは、女子受けしそうです。


最後に、走りですが・・・

クーパーSだけあって、速いです。

鈍くささは感じません。

とにかく、後方視界だけ何とかならないものか・・・というのが結論です(笑)