AtoZ営業日誌

新型ジュリアとステルヴィオのオプション流用

アルファロメオから発売された、

「ジュリア」

「ステルヴィオ」

を見て以来、ずっと気になっていたことが・・・。

それは、

「純正オプションのカーテシランプがミトに流用できるんじゃね?」

ってこと。

なにしろ、カーテシランプもカーゴランプもグローブボックスランプも共通。

新開発とはいえ、こんなところそんな簡単に替えないだろってことで、見切り発車(笑)

一週間も待たずに入荷。

早速引き取りに行ってきました。


かわいいい袋に入れてくれましたが・・・

値段は、全然かわいくない。

15,000円オーバー。

こりゃあ、失敗できません(笑)

中身は、こんな感じ。

いろんな言語が書かれた説明書入り。


もちろん日本語表記はなし。

とはいえ、交換は、形さえあえば簡単!


な、はずでした。

形は、見た限り、

「全く同じ!」

やったね。


ってことで、早速取り付けしてみます。

ドア下の、このカーテシランプを差し替えます。

画像左側の溝にマイナスドライバーなどを突っ込めば、簡単に外れます。

納車後すぐに、LEDに差し替えしたのでここまでは簡単。

コネクターは、強引に引っ張ても抜けません。

ツメを押しながら、引き抜きます。


あとは、差し替えて完成です。

なんと、コネクターの形も全く同じ。

そんなわけで、加工は不要です。

ここで、トラブル発生!

なんと、

「光りません(笑)」


仕方なく、近所のホームセンターで買いそろえてきましたよ。

12V発生装置(笑)

結果、わかったこと。


なんと!

+と-が、逆になっています。

 

つまり、こういうことです。


コネクターの形まで同じにしておきながら、

「最後の最後に+と-を入れ替えるという姑息な手段(笑)」

ということでした。


本日は、ここで時間切れ。

明日は、コネクターをいったん切断し、+と-を入れ替えて接続してみます。


簡単なことですが、どこに何が潜んでいるかわかりません。

最終的には自己責任でお願いします。