プリウスがやってきた

今でこそ、珍しくなくなりましたが、

「ハイブリッド車」

といえば、

「プリウス」

であり、初代の登場は、それはそれは衝撃でした。


しかし、これまで、まったく乗ることない一台でした。

しかし、弊社営業車にトラブルがあり、

「代車特約」

を利用してやってきたのが、

「プリウス」

です。


プリウス、フィットハイブリッド、アクアから選べたので、今回はプリウスをチョイスしました。


かなり廉価グレードのようで、フォグランプなし、鉄チンホイールですけど・・・

とはいえ、

「トヨタのハイブリッドです!」

って感じの、スマートキーです。


トヨタエンブレムの中が、

「ブルー」

ってのが、その証ですね。

この「プリウス」という車、とにかく驚くのが、

「エコ運転」

をイヤでも意識するような造りであること。


発進、加速、減速、停車すべてが点数表示されるという仕掛け。

意識し始めると、洗脳されたごとくエコ運転しちゃいます(笑)

ハンズフリーはもちろん、ここにも、

「エコ運転」

の仕掛けがあります。


ナビ画面の半分が、

「エコ管理画面」

になります。

 

プリウスの特徴の一つが、この、

「後方視界」

だと思います。


上下のガラスの間にワイパー取り付け部分のバーが入ります。

慣れれば、こちらはさほど気にならないかもしれません。


しかし、個人的にはCピラーの太さが後方視界を圧迫するんだと思います。

エアコン吹き出し口の、

「プリウス ロゴ」

です。


相当売れると自信がなければこういう演出はできませんよね。

エンジンをとめて、車から降りるとこんな画面が。


「よいエコ運転ができています」

だそうです(笑)


こんなん出たら、

「次も!」

って思っちゃいますよね?

さて、最後は、いろいろと問題を指摘する方も多い、

「シフトレバー」

です。

もし、このシフトレバーしか知らなければ、問題なく使いやすいレバーです。

でも、従来の感覚が捨てられない方には「複雑」に感じるかもしれません。


そんな、「プリウス私評」でした。