2017年05月

立体駐車場対策にショートアンテナ

先日、

「無人立体駐車場」

に駐車しようとしたところ、

「後退」

のランプがついたまま、駐車できませんでした。


なぜか?

そういえば、入庫の際に、何か異音がしていました。


降りてみて、わかりました。

画像のアンテナがあたったので、駐車可能車両のサイズをオーバーしていると判断されたようです。

たしかに、このアンテナ、長いんです。


まあ、ラジオを聴く機会もほとんどないし。

ってことで、ショートタイプに交換します。

 

どうしても、ミトの専用品が欲しかったのですが、運良く、ヤフオクにお手軽な中古品が。

なぜ、専用品か?

というと、この形状が問題です。


汎用品は、真円ですが、画像のように特殊な形なんです。

専用品さえ、入手したら、あとは外して交換するだけです。

このサイズなら、当たることもないでしょう。


緩めて交換するだけですので、工具も必要ありません。

少しだけ残念なのが、台座との色の違い。


せっかくなので、台座もカーボン柄にしたいところです。

事務所隣のガレージに、消火栓を置いていました。

しかし、これ、レプリカだったので、風で倒れるという問題が。


そこで、思い切って買っちゃいました。

アメリカ製の本物です(笑)

とにかく、これ、重いんです。

ヤマト運輸のドライバーさんが、二人で配達してくれました。


そんなわけで、風で倒れる心配はもうないでしょう。


それにしても、いい風合い。

完全に自己満足の世界です。

 

ミト、10万キロ突破記念に小物追加

営業車として購入したので、わかっていたことですが、あっという間に10万キロ到達です。

まあ、よくあるやつですが、

「99,999キロ」

からの、

「100,000キロ」

です。


まだまだ、絶好調。

当分、楽しめそうです。

「100,000キロ突破記念」

に、小物を取り付けします。


まずは、オレカさんから荷物が来ました。

中身は、コレ。

「牽引フック」

です。


黒いボディのワンポイントに、

「赤」

を選択してみました。


クロスさんと悩みましたが、もう一つオレカさんでほしいものがあったので送料無料になるいのでこちらで。

取り付けは、極簡単です。


車体右側にある、

「純正牽引フック」

取り付け場所に、ねじ込むだけです。

 

この、丸いふたを外します。

傷をつけないように、内装はがしで、

「ふた」

を取り外します。

簡単にワンポイントドレスアップできます。

実際に、牽引されないように気を付けないと(笑)

こんな感じで取り付けできます。

ちゃんと、車体の寸法内に収まっているんで、問題ないでしょう。

 

ミト、あれこれ修正

先日の営業日誌にも書いたとおり、ミトにドライブレコーダーを取り付けました。

これによって、

「AUX端子」

がふさがれてしまい、AUXが使えなくなってしまいました。


そこで、あれこれ思案していると、こんなコードを発見!


これを使えば、

「AVセレクター」

を挟むことによって、切り替えができるようになるんじゃないか?

という結論に到達。

考えていても仕方ない!

ってことで、即実行(笑)


AVセレクターは、長男が、

ゲームキューブとプレステの切り替えに使っていて、部屋に捨てていったやつを拝借。

 

ドライブレコーダーの映像と、

携帯の

「ミラーリンク」

の切り替えが可能になりました。


これで、車内でもユーチューブなどが鑑賞可能になりました。

よかった、よかった(笑)

さらに、

「レーダー探知機」

取り付けの際に、

「小物入れ」

が使えなくなるために、挫折していたOBD接続。

これも、

「OBD延長ケーブル」

なるものを発見。


これなら、コネクターがかなり小さいし、いけるんじゃないか?

ってことで、即行動(笑)

OBD接続することで、今まで使えなかった、

「ブースト計」

が使えるようになりました。


場所的にも、実用的で、スマートに取り付けができるというメリットも。

 

小物入れのふたは、

「ビミョーに残念。」

ですが、こういうものだと言われたら、

「まあ、こういうものでしょ」

ってことで、妥協(笑)

まあ、気になると言えば、気になります。


しかし、これ以上の精度を求めていくと、

「小物入れ側の加工」

が、どうしても必要になります。


そんなわけで、これでヨシとしましょう。


当然、実用性には、まったく問題ありません。



なによりも、

「ブースト計のカッコよさ」

が一番なので、満足です。

 

事務所にミラーボール(笑)

港北のIKEAで発見した、コレ。


事務所に飾ったら面白い!

まさに、ビビっときました(笑)

 

子供部屋の売り場に展示されていましたが、商品番号がわからず。

店員さんに聞いたら、

「照明売り場」

にありました。

 

IKEAの商品ですから、説明書は、

「絵で理解する」

やつですが、もちろん、簡単!


特に工具も不要です。

家にあった、フックを利用して取り付けです。

まさに、あっという間に完了です。

テレビ用の天井のコンセントにつないだらあっという間に出来上がり。

そして、これも家にあった、

「タイマー」

を使って、看板と同じ時間だけ光るようにしてみました。


暗くならないとわからないですが、光ることは確認しました。

夜、事務所に帰ってきて、どんな感じに光っているか楽しみです。


ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、弊社事務所にお寄りください。

 

雨の季節に備えて

気が付けば5月の連休も終わり。

この先に待っているのが、

「梅雨」

ですよね。


梅雨といえば、雨。

雨といえば、ワイパー。


安全運転のために、視界確保は重要です。

もちろん、納車以来、何度か雨を経験しましたが、助手席側の拭き残しが目立っていました。

さらに、ワイパーを動かすたびに、ビビリ音が気になります。


助手席側は、よく見ると画像のような状態です。

完全に浮き上がっています。


これでは、拭き残しがあるのもうなずけます。

ワイパーブレードの劣化によって、ゴムが固くなりガラスに密着していないようです。


こうなると、やはり、

「交換」

となります。


純正品をディーラーで交換したら、相当な金額になりそうなので、当然DIYです(笑)

選んだのは、コレ。


650mm(運転席側)

380mm(助手席側)

を、ネットショッピングにて購入しました。

 

ワイパーを立ててみると、こんな感じ。


助手席側は、

「棒」

状態です。


まったくしなりがありません。

ワイパーブレードの取り付け部分は、こんな感じ。


先端の部分を押してあげれば、簡単に外れます。

付属の取り付け部品は3つ。


明らかに一番左側の部品が、ソレですよね(笑)

この部品を、右側の新しいワイパーブレードに取り付けします。

ブレード側にも、部品側にも▲の印がついていますので揃えて取り付けします。

あとは、車両に戻してあげれば完成です。


少しわかりにくいですが、助手席側もガラスに密着しています。

最終的に、

ワイパーブレード同士が干渉しないか?

きっちり取り付けできているか?

などを、実際に動かしてみて、問題なければ完成です。



もちろん、見た目に大きな変化はありません。

しかし、ワイパーを動かしてみたときの、

スムーズさ

静かさ

そして正確な拭き取り

などなど、変化は歴然です。


鬱陶しい梅雨が来る前に、ワイパーブレードの交換をしてみたらいかがでしょうか?

安全運転のためにも、ぜひ、ご一考ください。

 

ドライブレコーダーは今や必需品?

IMG_3505

保険代理業をしていると、どうにもならないことが時々起こります。

それが、事故の時の、

「止まった、止まってない」

「赤だった、青だった」

という、お互いの主張の平行線状態。


そんな時に助けになるのが、

「ドライブレコーダー」

です。

ここのところ、急激に普及してきています。


なんといっても、記録された映像は、やはり、

「証拠」

になります。

IMG_3506

そこで、営業車のミトに導入します。

選んだのは、カロッツェリアの、

「NDーDVR1」

という機種です。


一番の特徴は、

「メインユニットのナビとの連動」

です。


撮影した画像や動画をナビの画面で確認できるなどのメリットがあります。

IMG_3507

取り付け自体は、電源を取ってカメラを取り付けるという簡単なものです。

しかし、こういう注意を無視して失敗してきた経験をもとに、

「リンクケーブルは最後、リンクケーブルは最後」

と、言い聞かせながら作業に入ります(笑)

IMG_3595

いつも通り、サクッとナビをばらします。


必要な電源は、

常時電源(常に12Vがきている線)

ACC電源(キーをオンにしたときに12Vがきている線)

アース(車体のマイナス)

を取るだけです。


一番簡単なのは、やはりナビの裏からの分岐。

ドライブレコーダー側の電源線が、あらかじめそのように加工されていました。


アースは、先日とった運転席左側の小物入れの奥から引っ張てきます。

IMG_3597

カメラは、この位置に貼り付けします。


両面テープでの固定ですから、脱脂をきっちりしておきます。

この位置だと、ルームミラーに隠れて、カメラ自体は運転中視界に入りません。

さらに、雨の日もワイパーがかかる部分なのできれいに撮影できるでしょう。


コードを付属のクランプで留めて、ルーフを通してAピラーに通します。

IMG_3598

テレビのアンテナ、ETCのアンテナ線が通っているAピラーを通して助手席足元に落とします。

IMG_3600

ナビの裏から持ってきた電源線と、リンクケーブル。

そして、Aピラーから落としてきたカメラのケーブル。

これらを、本体のユニットに接続します。

最初は、本体ユニットは、グローブボックス内に置いておくつもりでしたが、

「本体内にはGセンサーが内蔵しています。」

「揺れのない場所に固定してください。」

という説明書の文章から、ここの場所に決めました。


ケーブルは、3本まとめて付属のクランプで固定しましたので、意外とすっきりしています。

IMG_3602

あとは、ナビ側の設定で、

「ドライブレコーダー ON」

としてあげれば、完成です。


前述の通り、ナビ側で、すべての操作ができますので、とにかく便利です。



しかーし、ここで問題が!

ドライブレコーダーは、AUXに入力しますので、携帯をナビに映す機能が使えなくなってしましました。

ここは、切り替えスイッチをつけるかの工夫が必要です。

カロッツエリアさん、なんとか便利なスイッチの発売をお願いします(笑)


たしかに、ナビの取り付け説明書には、

「ドライブレコーダーを取り付けた場合、AUXは使えなくなります。」

という記述がありました(笑)

IMG_3601

まあ、それは、後日ということで、

「カメラの角度調整用のネジ」

を締めて、ナビを元に戻して完成です。


夜間も走行してみましたが、本当にきれいな映像が撮れています。


何もないに越したことはない!

ですが、万が一の際の自分の主張を裏付ける一つのアイテムとして、

「ドライブレコーダー」

は、いかがですか?



PS 朝、ラジオを聴こうと思ったら、聴けません。

間違いなく、ナビにラジオのケーブル挿し忘れてますね(笑)