網膜剥離、その後

 

一連の、網膜剝離手術と入院のその後です。

おかげさまで、退院後、1週間をおいて手術をしていただいた先生の診察を受けました。

その後、もう1週間後の診察で、加藤医院の先生あてに紹介状を書いていただきました。

これで、無事、いつもの病院に戻ることができました。


加藤医院でも、丁寧に検査診察をしていただき、

「網膜はちゃんとついている」

というお墨付きをいただき、

「目薬は続ける」

「コンタクトもして大丈夫」

とのことでした。


が、3種類の目薬のうち、1種類が、

「コンタクトの上からはさせない」

ということでしたので、目薬もいらなくなるまではコンタクトはやめておくことにしました。

 

 

そんな中、最後にこのような検査もしていただきました。

血管内の血流を調べる検査で、結果として内服薬も処方されました。

その際にいただいた説明文書なんですが、

「これまでは造影剤を使用しないと血管の様子はわかりませんでした・・・」

という一文。

造影剤検査?

恐怖しかありません(笑)


しかし、実際の検査は機械の中を覗くだけ。

奥には、緑色に光る*印のようなものがあり、

「まばたき我慢してください。」

といわれる間だけ目を開いているだけでOK。

痛くとも何ともありません。


技術の進化に感謝するとともに、自身の網膜剥離が一歩ずつ、着実に治っていることにホッとしました。

 

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031