2018年06月

ホイールのセンターキャップ加工

1か月ほど前に導入した、

「ワーク シーカー FX」

ですが、どうもこのセンターキャップが好きになれない。


やっぱり、

「アルファロメオマーク」

がいいなってことで、導入します。

 

センターキャップそのものを交換しようとしましたが、

「汎用センターキャップは取り付けできない」

という結論に(笑)


そこで、センターキャップの60mmにあうサイズのステッカーを購入。

イギリスから輸入ってことで、待こと1か月。

やっときました!


が、クオリティはイマイチ。

こういうとこが、特にね!


まあ、貼ったらわからないしいいか!

てことで、早速作業します。

サイズは、ジャストフィット!

でした。


脱脂して貼るだけなので簡単です。


向きの統一だけ注意したら簡単作業です。

簡単作業で、劇的な変化(笑)

 

統一感が出ました。

という、完全自己満足作業でした。

1か月といえば、

「グリーンカーテン」

です。


こんなに成長しました。

ただ、水やりをしているだけですが、

「勝手にネットにからむ」

ところまで成長しています。


もう少し成長したら、頭を揃えて、バランスをとっていきたいですね。

それから、シロクマですが、ここに鎮座しています。


まさに、守り神(笑)

よーく見ると、かわいいですよ。


という簡単作業でした。

 

事務所のオブジェを作ってみる

だいたい、どこの家にも、こういう木彫りの熊っていません?

北海道のお土産の定番ですよね?

でも、この熊をこのまま飾ってるのって、

「おばあちゃんち」

ってイメージありませんか?

ちょっと改造したら、かわいくなるんじゃね?

ってことで、作業スタートです。

だいたい、どこの家のやつも、

「ホコリをかぶってる」

と思いますので、まずは、きれいに洗います。

そして、丁寧に脱脂します。

やすりで足付けしたほうがいいでしょうが、そもそも、

「木彫り」

なんだから、まあ、いいだろってことでとりあえず鮭を金色に塗装します。

土台は、ミラジーノのアームレストに使った、

「染めQ」

を使います。

熊の鮭は、マスキングテープで丁寧にマスキングします。

この作業が、今回の作業で一番重要なポイントです。

 

尻尾と頭は熊にくっついていますので、カッターなどで作業します。


顔も、金色ですが、気にせずに次の工程へ。

全体を、白く塗装します。

この時のポイントが、

「一気に塗らない!」

ってこと。

3日間かけて、塗り重ねていきました。

マスキングテープを剥がしたら、ご覧の通り。


目と鼻をマジックで塗ってあげます。

最後に、クリアを吹いて完成です。

 

かわいい~(笑)


うちの事務所のオブジェにしても、マッチします。

あれ?

もう一頭いるぞ!


ってことで、子熊も白熊に改造しま~す。