AtoZ営業日誌

自分の事故とお客様の事故

201681154226-thumb-300x388-1378

何度かこちらでお知らせしましたクライスラー。

このありさまです。

 

雨が上がり、路面が乾き始めた東名高速道路上。

前に車がいて、時速80kmほどで走行中。

 

突如、トラクションコントロールの警告灯がつきました。

「まいったな、こりゃ帰宅したらディーラー行きだな」

なんて思いつつ、前の車がどいたので、ちょっと加速。

 

同時に、2回転半スピン。

気が付いた時には反対側を向いて中央分離帯に刺さっていました。

 

201681154720.JPG

左後ろも、わかりにくいですが、がっつり刺さっています。

 

こんなわけで、廃車となりました。

 

とても、残念です。

 

 

しかし、

周りの車や、人を巻き込まなかったこと。

ネクスコ東日本の方、レッカー業者の青葉レッカーさん、などに大変お世話になったこと。

などなど、踏まえて、深く反省です。

 

201681155024.JPG

ここからは、本日のお昼の事故です。

 

双方とも、対面通行の交差点。

信号機有。

地方都市には、どこにでもある、

「ごく普通の交差点」

です。

 

弊社契約者様は、買い物後、西進。

お相手は、交差点を南進すべく赤信号で停車していました。

 

ここで、弊社契約者様は、

「赤信号を見落とし」

交差点に進入。

 

お相手は、青信号に変わったのを確認後、交差点に進入。

 

201681155531.JPG

ここまでの様子は、すべてお相手の、

「ドライブレコーダー」

で、録画されていました。

 

信号無視の車が、交差点に進入してきたため、当然ながら、両車は接触。

 

お相手は、左側に接触され、交差点左前の病院の駐車場に突っ込むことになってしまいました。

 

201681155842.JPG

そこに停まっていたのが、病院スタッフの方のお車。

 

左側、全面に傷がつくことになってしまいました。

当然ながら、お相手のお車の右側も、大きく傷がつくことになりました。

 

2016811612.JPG

この画像が、事故直後の位置関係です。

 

お相手の白いお車は、弊社契約者様の軽トラックにはじかれ、画像手前のフェンスを突き破りました。

そして、画像右側に停まっている、病院スタッフの方の茶色い車に接触。

 

画像中央の植え込みの上を走り抜け、この位置で停まったわけです。

弊社お客様は、幸い無傷でしたが、お相手は頸部の不調を訴え、病院に行っていただきました。

 

今回の事故は、当然ながら、弊社契約者様の、

「赤信号の見落とし=信号無視」

が原因です。

被害者の方の、一日も早い快復をお祈り申し上げます。

 

そして、このような事故が起こらないよう、皆様には、細心の注意をお願いします。