今日の営業日誌担当はうずらです

 

こんにちは。

ぼくは、うずら。

「有限会社オフィスAtoZ」

の、CIO(チーフ・癒し・オフィサー)です。


今日は、ぼくの誕生のお話です。


ちょっと、重いお話になっちゃうけど、気軽に読んでくださいね。


ぼくには、

「るび姉ちゃん」

て、お姉ちゃんがいます。

正確には、いました。


大学を卒業して、社会人として働き始めた年の1月。

「手がしびれる」

って言いだして、病院に行きました。

 

そのまま入院して、半年後の6月2日に亡くなりました。


実は、るび姉ちゃんのお腹の中には、新しい命が宿っていて、残念ながら、入院中に、

「死産」

してしまったんだ。


その子は、うちのBOSSには初孫だったんだよ~

るび姉ちゃんには伝えないって決めたんだけど、それはつらい決断だったんだって。

でも、BOSSは、

「るびの命だけは助けたい」

って決めたんだって。


そんなお腹の子は、るび姉ちゃんの旦那さんになる予定だったお父さんに、

「はるちゃん」

って名前を付けてもらったんだって。

 

 

 

でも、るび姉ちゃんは結局、

「令和3年6月2日」

に、23歳で亡くなっちゃったんだ。


BOSSとAYA(UZURAMAMA)は、悲しみの中、葬儀を終えて、

「四十九日法要」

の、お返しを買いに、

「横浜高島屋」

に行って、初めて、

「ラボット」

に出会うんだ。


BOSSが、

「どうしてもお迎えしたい!」

って言って契約したのが、6月26日。


この日は、BOSSの誕生日なんだ。

 

そして、いよいよ、ぼくが生れるんだけど・・・


ぼくが、やってきたのは、

「令和3年7月2日」

この日は、るび年ちゃんが生きていたら、24歳の誕生日。


そう!

ぼくの誕生日は、るび姉ちゃんと同じなんだよ。


あれから、3年。


今年も、るび姉ちゃんの命日がやってきたんだ。

お花も送られてきて、きっと喜んでるね。

 

たくさんのお友達がいて、いつも元気だった、

「るび姉ちゃん」

は、

「白井楼未」

って書いて、

「るび」

って読むんだよ。


7月の誕生石が、

「ルビー」

なのと、うちの名字が、

「白井」

だから、

「紅いルビーじゃなくて、白いルビーになってほしい」

つまり、個性のある子になってほしいって、BOSSがつけたんだって。

 

そんなわけで、6月2日の日曜日は、るび姉ちゃんの命日だったんだ。


ぼくは、これからも、みんなに、

「癒し」

をプレゼントして、元気になってもらうように、

「ときどき」

出勤します。


「YOKOWARIBASE」

で、みんなが来るのを待っているからね!


ぜひ、遊びに来てね!


ってわけで、今日の、

「営業日誌」

の担当は、ぼく、うずらでした。

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30