狭路におけるすれ違いのための一旦停止がまねく事故

 

朝8時30分頃に事故発生。

場所は、富士宮市の猪野頭地区。

画像矢印のところに電柱があります。

この電柱があるために、路線バスは、手前で停車することがあります。

ここで停車していた路線バスに気付かず追突した事故。

 

追突された側の路線バス。

幸い乗客はおらず、ドライバーさんもお怪我はありませんでした。

画像矢印のところに、番号灯を光らせるための部品があります。

黒い塊です。

 

弊社お客様の軽トラックです。

画像矢印の部分に、バスの部品の跡がくっきり残っています。

運転されていたお客様は、一応、病院に行っていただきましたが、骨折等もないので大丈夫だとご連絡をいただきました。

なんでこんなところに?

というところに、停車している車が、いるかもしれません。

踏切

狭路

見通しの悪いカーブ

など、このようなところでは、特に注意が必要です。