2013年04月

サーキット走行

logo.png
本日いただいたお問い合わせが、
「車をサーキットで走らせたいんだけど、傷害保険に入りたい。」
というものでした。
 
 
 
ここのところ、自家用車をサーキットで走らせるのがブームです。
 
 
 
実は、走行会というのがあらゆるところで開かれています。
 
 
 
 
 
 
車は、自家用車でかまわないし、ライセンスもそんなに難しいものではありません。
そのため、このような問い合わせが、今後もあると思います。
 
 
 
 
 
 
しかし、残念ながら、答えは、
「ノー」
です。
 
 
 
このような走行会は、
「傷害保険」
「自動車保険」
ともに、支払いの対象外です。
 
 
 
 
皆さん、御注意下さい。

セルシオのステアリング交換 完成編

余計な作業が入りましたが、あとは、元に戻すだけです。
これは、簡単な作業でした。
IMG_20130427_095329.jpg
新ステアリングに、旧ステアリングのスイッチ類がついています。
 
 
 
 
あとは、車両に戻せば完成です。
IMG_20130427_093644.jpg
ちなみに、L15
 
 
IMG_20130427_093648.jpg
旧はL23
というシールが張られていました。
 
 
 
同じ30系前期でも、グレードや、年式によって違うんだと思います。
 
 
 
入手する際は注意してください。
 
でも、スイッチ類の移植は比較的簡単です。
無理に高いものを買うよりは、いいかもしれませんね。
 
 
 
 
さあ、車両に付けました。
IMG_20130427_100736.jpg
右も
 
 
 
IMG_20130427_100746.jpg
左もきれいになりました。
 
 
 
まあ、今回も自己満足ですね。
 
 
 
 
このような作業は、必ず自己責任で行ってください。
エアバッグの取り外しなど、はっきり言って、
「危険」
です。
 
 
 
自身がなければ、プロに依頼しましょう。
 
 
 
うちは、相談だけなら乗りますよ(笑)

セルシオのステアリング交換9

すると、裏側の部品とステアリングを留めているネジが現れます。
ここも、ネジ2本です。
IMG_20130427_092740.jpg
 
 
 
つづいて、右側のスイッチとクルーズコントロールのレバーを外します。
ここは、ネジ3本です。
IMG_20130427_092843.jpg
 
 
これで、裏側のプラスティックが外れます。
 
 
 
この状態です。
IMG_20130427_093021.jpg

セルシオのステアリング交換8

仕方ないので、面倒ですが、スイッチを外して移植します。
まずは、左側のスイッチを外します。
 
ネジ2本で固定されています。
IMG_20130427_092611.jpg
 
 
 
次に、上の部分にあるマグネットの部品・・・・・
おそらくホーンのスイッチでしょう
を外します。
 
こちらもネジ2本です。
IMG_20130427_093310.jpg

セルシオのステアリング交換7

さて、外したステアリングを並べて記念写真・・・・・・・・・
IMG_20130427_091051.jpg
 
 
ここで、焦りました。
あら?
コネクター違うじゃん!
 
 
旧ステアリング
IMG_20130427_091100.jpg
白いコネクター
 
 
 
新ステアリング
IMG_20130427_091056.jpg
黒いコネクター
 
 
 
ただ付け替えるだけだと油断してました。
このままでは、取り付けできません。
 
 
 
スイッチ類を、総移植するしかありません。

セルシオのステアリング交換6

19mmのクロスレンチでナットを緩めます。
これも、外してはいけません。
 
勢いよくステアリングを引っ張って外しますので、
写真のようになっていないと、顔面にあたります。
ご注意ください。
 
IMG_20130427_090736.jpg
ゆるめて、ナットがかかった状態にしておきます。
 
 
無事、外れました。
IMG_20130427_090857.jpg
 
ここまでは、順調です。

セルシオのステアリング交換5

さてエアバッグには、こんな表記が。
IMG_20130427_090443.jpg
 
アラビア語表記まであります。
勝手に外したら、爆発するゾ
ってことでしょう(笑)
 
 
さて、次は、
IMG_20130427_090537.jpg
このように、センターをマジックで記しておきます。
 
 
ハンドルには、かならず遊びがありますので、あとで、どこが上かわからなくならないように注意しましょう。

セルシオのステアリング交換4

このネジは、外れません。
緩めるだけで、エアバッグは外れます。
 
 
ちなみに、エンジンを切って
 
 
 普通にバッテリーを外したので、
この位置で止まってしまいました。
IMG_20130427_090325.jpg
 
 
この位置だと、工具が入りにくく、トルクもかけにくくなります。
ハンドルの位置を工夫してバッテリーを外しましょう。
 
 
 
なんとかエアバッグは外れました。
IMG_20130427_090402.jpg
手前にあるのが、エアバッグです。
爆発せずに外せました(笑)

セルシオのステアリング交換3

こちらは左側。
ネジが、光ってます。
ミラクル!(笑)
IMG_20130427_085417.jpg
 
このネジは、トルクスといいます。
ベンツなどの、欧州車によく使われています。
 
このネジは、このような工具で外します。
IMG_20130427_083405.jpg

セルシオのステアリング交換2

現在、複数の画像がうまくアップできません。
そのため、読みにくくてすみません。
 
 
さて、左側は、スイッチごとパネルを外します。
IMG_20130427_085256.jpg
 
 
すると、奥にネジが見えます。
こちらは左側。
IMG_20130427_085348.jpg