AtoZ営業日誌

衝動買いしてウーハー新調

201412416192.JPG

なんだかんだとありまして、激務に追われ、なんと2か月ぶりになっちゃいました。

週末は、高校野球だったり、風邪ひいてたりとありまして(笑)

 

久しぶりの更新ですが、車の話です。

きっかけは、週末にフラッと立ち入った、「UP GARAGE」さんです。

自動車の中古部品の販売業者で、全国チェーンです。

 

そこに、偶然見つけたのが、このウーハー。

8インチ(約20cm)で、セルシオの純正ウーハーと同じサイズです。

 

うちのセルシオには、アルパインの社外ナビが入っているので、このナビから直結させれば、煩わしいセルシオのアンプを介する必要はありません。

しかも、このウーハー国内定価は3万円オーバーです。

でも、中古なうえに、なぜか安売りしていて、表示価格の半額ということでした。

 

にもかかわらず、3度足を運び、やっと購入。

決断できない男(笑) 5,950円で入手。

 

2014124162559.JPG

もちろんウーハーは、アンプが無くては鳴りません。

 

要するに、コンポから出た音を、アンプで増幅させて、余計な音をカットしてから鳴らすということです。

 

「?」

という方も多いでしょう。

 

よく、ズンドコンドコ低音鳴らしてる車がいますが、あんな感じになるわけです。

もちろん、そんなに若くないので、ズンドコさせませんけど(笑)

 

 

そして、このアンプというやつは、じつに面倒なものでして。

ものすごく、電気を食います。

なので、バッテリーから直接電源を引いてくる必要があります。

 

2014124163131.JPG

そこで、必要なのが、こういうワイヤリングキットと呼ばれるやつです。

もちろん、たいていの車は、バッテリーはボンネットの中にあるので、まず、バッテリーから取った電源を車内に引き込む必要があります。

 

さらに、コンポからは、リモート電源という電源。

それからRCAケーブルで音源。

 

それらが、この中に入っているわけです。

ちなみに、このコード類も、こだわり始めたらキリがありません。

 

コードだけで、何万円もしてしまいます。

もちろん、うちの場合、軽くズンドコすればいいので、そんなに高価なケーブルは、いりません。

今回のこのケーブルは、アンプを買った業者さんのご厚意でサービスです。

 

さあ、週末に取り付けします。

後部座席を外したり、かなり大がかりなオペです。

作業内容は、またレポートします。