AtoZ営業日誌

机上の理論

logo.png
 
 建設業を営むお客様向けの傷害保険があります。
ペットネーム「経点超え」
と呼ばれる傷害総合保険がそれです。
 
 
これは、建設業を営む皆様の、役員や従業員の皆様をお守りする傷害保険です。
 
保険料算出のための基礎数字と呼ばれるものがあるのですが、
これは、保険の種類、お客様の営む業種によって変わるのですが、この保険は、
「完成工事高」
が、算出基礎になります。
 
つまり、昨年1年間にいくらの工事をしたか?
で、保険料が決まります。
 
 
となると、お客様には、決算書をもとに、数字を申告していただくことになります。
 
当然ながら、完成工事高が高ければ、保険料も高くなります。
もちろん、毎年、工事高は変わりますので、保険料も変動することになります。
 
 
この場合、契約の仕方が二つあります。
 
1.概算保険料方式
1年間の見込み完成工事高を申告していただき、満期後に、精算していただく方式です。
例えば、年初(この場合、保険期間の始まりをさします。)に1億円と申告していただき、契約します。
1年後、実際には、1.2億円だった場合、保険料を追徴させていただきます。
逆に、8千万円だった場合、保険料を返戻させていただきます。
 
 
2.確定保険料方式
1年間の完成工事高を申告していただきますが、満期後の精算はありません。
更改契約において、前年1年間の実績をもとに契約します。
 
 
保険会社は、2を勧めます。
基本的には、現在では、1については、新規事業のお客様のみの取り扱いになります。
 
 
 
さて、今日の問題は、この、
「確定保険料方式」
にて、契約した場合の添付書類です。
 
建設業を営む方については、
「決算書」
を添付することになっています。
 
 
保険料算出の基礎が、工事高である以上、工事高は必要です。
しかし、決算書を出せ・・・サラリーマンの発想です。
 
 
例えば、営業店の社員は、非常に理解を示してくれます。
「給与明細を出せと、言われたら嫌ですよね・・・」
 
そりゃあそうですよね。
他人の懐事情を示せ!って言ってるわけですから。
たかだか保険の契約で・・・。
 
 
正に、タイトル通り。
本社で規定を決めてる自称・エリートども!
 
机上の理論で仕事をするな!
営業の現場で、汗を流して規定を決めろ!
 
 
あきれてものも言えない!