AtoZ営業日誌

バックカメラの正像、鏡像の切り替え

ミトで、バックするたびに映るのが、

「バックカメラの映像」

なんですが、どうにもこの映像が気持ち悪い。

なんでだ?

と考えていたところ、

「左右が逆に映っている」

というのが原因だとわかりました。


これが、

「正像と鏡像の違い」

だったのです。


画像では、赤いジャッキが、左側に映っています。

ヤフオクの購入履歴を見返してみると、

「カメラ付属の白線を切断すると、正像、鏡像が切り替えできます。」

という一文が。


ちなみに、

「カメラ付属の緑線を切断すると、ガイドラインが表示されます。」

となっていました。


そこで、リアバンパーした部分を外します。


こんなこともあろうと、取り出しやすい場所に収納していた画像の線を取り出します。

そして、説明通り、白線をカット。

ビニールテープで絶縁しておきます。

赤いジャッキが画面、右側に移動しました(笑)


これで、自分が見ている映像が映し出されている状態になります。


改めてみてみると、本当にしっくりきます。

さっさと取り付けることばかり考えすぎでしたね。

ところで、この作業をするために、バンパー下部分を取り外したんですが、

画像左側から、

8mmナット

+ネジ

トルクスネジ

の3本を取り外さなくてはなりません。


なんでどれかに統一してくれないの?(笑)

 

 

 

どうせ、バンパー下半分を外したので、LED化していない、

「バックランプ」

の電球を確認。

電球は、S25だというのはわかっていたのですが、このS25ってやつは、

ピンの位置が、

180°だったり150°だったり、

ピンの位置がずれていたり

するので、確認しておきます。


結論としては、

S25 180° ピン位置違いなし

ということでした。

早速、ヤフオクにて入手しましたので近日中に交換します。