高校野球秋季東海大会

第65回 秋季高校野球東海大会

が、静岡県で開催され、先週27日に終了しました。

 

今大会は、

優勝 県立岐阜商業(岐阜1位)

準優勝 菰野(三重1位)

という結果になりました。

 

両校は、来春のセンバツ出場が、ほぼ確定です。

優勝した県立岐阜商業は、神宮大会で優勝し、

ぜひとも神宮枠を東海地区に持ってきてほしいものです。

 

この場合、3位の静岡県代表・常葉菊川に出場の可能性が出てきます。

 

 さて、この東海大会ですが、

静岡・愛知・岐阜・三重

の四県の代表で行われます。

 

そのため、静岡県開催は、

4年に1度

ということになります。

 

実は、前回の静岡県開催の東海大会は、印象に残っています。

というのも、この大会には、弊社お客様のご子息で、筆者が少年野球のコーチ時代に指導した選手が出場していたからです。

 そのため、常葉橘出場試合は、全て観戦させていただきました(笑)

 

そんな中、今振り返ると、とんでもない大会でした。

まず、常葉橘のエース

庄司.jpg

現在、広島カープで野手に転向した

庄司隼人選手 当時2年生

 

愛知県代表・中京大中京には、

堂林.jpg

現在、広島カープでレギュラーになった

堂林翔太選手 当時2年生

 

同じく中京大中京に、

磯村.jpg

現在、広島カープの

磯村嘉孝選手 当時1年生

 

三重県代表・菰野高校には、

nisi.jpg

現在、オリックスの

西勇輝選手 当時3年生

 

とまあ、こんな感じです。

 

堂林選手は、今や広島のレギュラー三塁手です。

西選手は、今年、見事にノーヒットノーランを達成しました。

 

庄司選手、磯村選手も、来季には、一軍で活躍することでしょう。

 

 残念ながら、弊社のお客様のご子息は、高校で野球をやめ、

現在は、大学4年生です。

 

でも、このような大会で活躍したことを誇りに思って、

これからの人生を歩んでほしいものです。

 

そして、プロになった上記4選手には、益々頑張ってほしいものです。

彼らの活躍が、多くの人を元気づけるわけですから。

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031