地元富士市に恩返し(ほんのちょっと)

 

弊社のある富士市。

市役所、まちづくりセンター(公民館)などで、

住民票、印鑑証明、所得証明

などを取った場合、持ち帰り用の、

「封筒」

があります。

実は、多くの自治体ではすでに、市内の企業による協賛広告付きの封筒が採用されているそうです。


このたび、富士市でも、

「市内企業協賛広告入り封筒」

が、採用されるそうです。

これにより、富士市が自治体として封筒作成のために支出していた歳費が縮小できるそうです。


それならば、ということで今回弊社も協賛させていただくことになりました。

 

そんなわけで、完成しました。


新年度からこの封筒がご利用いただけるそうです。

全部が弊社の広告入りではありませんが、何枚かに一枚入るということです。


市役所に行く時といえば、

住民票、戸籍謄本の取り付け→軽自動車の購入やパスポートの申請

印鑑証明の取り付け→登録自動車の購入

婚姻届け→結婚による必要保障の見直し

出生届→お子様の誕生による必要保障の見直し


そんな時に、各種証明書を封筒に入れるとき、

「人生の分岐点」

として、弊社を思い出していただけたら・・・

そんな思いを込めて協賛させていただきました。

 

QRコード入りですので、スマートフォンからすぐに弊社ホームページもご覧いただけます。

 

 

この企画を持ち込んでくれたのは、

「郵宣企画」

という会社です。


実は郵便局にある封筒の企画をする会社なんだそうです。


その営業マンが言っていた言葉、

「協賛いただくことにより富士市の歳費が減らせます。」

この言葉にこの企画に乗る気になりました。


わずかな額かもしれませんが、これによって、我が町富士市の歳費が、

「未来を担う子どもたちの役に立てば」

そんな気持ちを込めました。


新年度にこの封筒を見かけたら、そんな気持ちを汲んでいただけたら幸いです。

 

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031