2014年12月

年末年始休業のお知らせ

本年も、ご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

誠に勝手ながら、弊社は、

平成26年12月30日から

平成27年 1月 4日まで

年末年始休業をいただきます。

 

なお、事故のご連絡など緊急の際は、

0545-66-2220

まで、お願いします。

 

 

本年は、弊社取扱保険会社の損害保険ジャパンが、日本興亜損保と合併し、

「損害保険ジャパン日本興亜株式会社」

となりました新スタートの1年でした。

新保険会社も、弊社ともどもご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

 

 

それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

セルシオのウーハー交換パート2

2014127121714.JPG

大作過ぎて、1話に収まりませんでした(笑)

 

これでいよいよ本日の主役、純正ウーハーにアクセスできます。

この狭い中に、身体を突っ込んで作業したのが、冒頭の筋肉痛の原因でしょう。

 

ウーハーは、ネジ4本とコネクターでとまっていますので、コレを外します。

 

201412712249.JPG

取り外した純正ウーハーがこちら。

 

作りはしっかりしてるな、という印象です。

まだまだ現役で使えそうです。

 

そんなわけで、ヤフオクに出品しちゃいました(笑)

格安の100円スタートで、好評実施中!!

 

2014127122740.JPG

ちなみに、純正ウーハーの裏側です。

 

今回は、特に書きませんが、スピーカーには、インピーダンスというのがあります。

このインピーダンスが特殊なため、セルシオのスピーカー交換は面倒くさいんです。

 

 

だから、このウーハーも、ほぼセルシオの専用と考えていいでしょう。

 

2014127123223.JPG

さあ、いよいよ作業は、電気と工作になります。

 

ちなみに、事務所内は外した部品の山。

これを見ると、

「ほんとに元に戻るかな?」

なんて、不安になってみたり(笑)

 

 

まあ、立ち止まってはいられないので、作業を続けます。

と、ここで、待ちに待っていたものが届きます。

 

じつは、これがないと作業は完成できませんでした。

 

2014127123624.JPG

届いたのは、コレ。

 

いわゆる、

「バッフルボード」

というやつで、スピーカー類の交換には必需品です。

 

 

これまた、ヤフオクで落札したやつなんですが、週末に届くかどうか心配でした。

佐川急便が現れた時には、うれしかったです(笑)

 

 

これで、頑張れば当日中に作業が終わります。

 

2014127124017.JPG

そんなわけで、喜び勇んでバッフルボードに新ウーハーを固定します。

 

最初に用意しておけばよかったんですが、

バッフルボードにウーハーを固定するネジ

バッフルボードを車体側に固定するネジ

がありません。

 

ありあわせのネジを探しましたが、そうそうヒットするやつはありませんよね~

 

2014127124331.JPG

トランクの内装を剥がしたら、事務所に移動します。

 

ここからは、工作の時間です。

もうここまで来たら、自分のセンスで自由に作業ができるので、楽しい時間です。

 

アンプとヒューズボックスをレイアウトして内装に固定します。

必要な穴をドリルで開けて、そこにコード類を通します。

 

ルールなんて無しの、自由な発想でOKです。

 

2014127124724.JPG

内装をもとに戻して、配線したら完了です。

 

 

あれ?アンプ曲がってる?(笑)

 

いやいや、角度の関係です(笑)

右にあるのは、ボリュームのつまみです。

 

2014127125032.JPG

車内にバッフルボードを固定して完成です。

かなり省略していますが、当然ながら、あれこれを固定してしまう前に、アンプの電源は入るのか?ウーハーは鳴るのか?車両側の電気系統の問題はないか?

を、必ず確認しながら作業しましょう。

そうでないと、きっと、心が折れます(笑)

これも、誰かと作業をすることをおススメする一因です。

 

最後に外した部品を元に戻して、セッティングをしたら完成です。

ちなみに、この時、めちゃイケの2時間スペシャルが終わるところでした。

作業時間13時間。

そりゃあ疲れますよね。

 

毎度のことですが、マネされる方は自己責任でお願いします。

バッ直などは、車両火災の原因にもなりかねません。

作業する前に、必ず事前準備をしましょう。

 

セルシオのウーハー交換

2014127104334.JPG

土曜日に、セルシオのウーハー交換しました。

結論から言うと、

「二度とやりたくない」

くらい、大変でした(笑)

特に、独りで作業するのは、オススメできません。

 

今日になって、全身筋肉痛です。

どうしても、無理な体勢で作業せざるを得ないので、こうなります。

明日、主治医に治療してもらわないと仕事に支障をきたします(笑)

たけちゃん、よろしく!

 

朝8時、娘が部活に出かけた後、家事を終わらせ作業開始です。

とにかく最初は、バッテリーを外す。

基本ですね。

セルシオは、エンジン停止後、一定の時間をおいてからバッテリーを外すようになっています。

詳しくは、メーカーまたはディーラーに来てみることをお勧めします。

 

 

2014127105020.JPG

今回は、トランクに社外のアンプを取り付けて、ウーハーを鳴らします。

先日も書きましたが、アンプというのは電気食いですから、電源はいわゆるバッ直で、バッテリーから取ります。

 

そのため、バッテリーは、ターミナルを外すだけでなく、バッテリーそのものをいったん外し、画像の場所から車内に電源コードを引き込みます。

画像真ん中のグロメットに、カッターで切り込みを入れガイドを突っ込んで、コードを引き込むわけです。

 

 

 

この時、車内の作業がしやすいように、助手席グローブボックスは、あらかじめ外しておきます。

このあたりの作業は、ネット上にわかりやすい画像解説がたくさんあります。

いまや、自動車いじりは、ネット環境が整っている場所がベストでしょう。

 

2014127105640.JPG

セルシオという車は、このようなバッテリーカバーがついています。

 

しかも、ご丁寧に、このカバーにプラスターミナルがついています。

必要かどうかは疑問ですが、こんな感じで作業します。

 

 

先ほど、ガイドで電源コードを車内に引き込むと書きましたが、そんなものはないので、いつもこれです。

「クリーニング屋さんのハンガー」

です。

 

周りのコード類にキズを付けないように、慎重にやりましょう。

なにしろ、見るからに大切なコードがわんさかありますから(笑)

 

201412711237.JPG

進入口のアップが、これです。

 

作業終了後、グロメットに、防水加工をしておくことをお忘れずに。

 

201412711556.JPG

とにかくまず、

「クリーニング屋さんのハンガー」

を車内に引き込むことです。

 

画像のような状態になれば、OKです。

反対側に、電源コードを巻きつけて、引っ張り込めば、

ボンネット→車内

の作業は、完了です。

 

2014127111339.JPG

ハンガーの、引っかける部分に、電源コードを結んで引っ張り込むと、こんな感じで車内に入ってきます。

 

 

なかなかうまくいかず、イライラする作業ですが、コツは、

「強引にいかず、押して引いてを繰り返す。」

ってことです。

 

気長にやりましょう。

 

2014127111615.JPG

話は前後しますが、電源コードは、バッテリーターミナルに取り付ける圧着端子を付けておきます。

 

 

こういう、絶対外れてはいけない端子は、いわゆるクワ型端子を使わないようにしましょう。

万が一外れた時に、危険です。

 

 

通常、配線キットを買えば、同梱されていると思います。

 

2014127112050.JPG

話が脱線しますが、せっかく助手席のグローブボックスを分解したので、エアコンのフィルターを開けてみました。

 

すると、ご覧のありさま。

 

軽くたたいただけで、舞うホコリの量が半端ではありません。

こりゃダメだ!

ってことで、せっかくなので交換します。

 

ちなみに、メーカー推奨は、1万キロまたは1年に1回交換になっています。

見落としがちですが、たまには点検してみましょう。

 

2014127112556.JPG

そんなわけで、作業を中断して、近所のオートバックスへ。

 

PIAAのフィルターが一番安だったので、なにも考えず購入。

まあ、消耗品なんだから、安いに越したことはないでしょう。

 

 

オイルもそうですが、

「消耗品は、安いものを、マメに替える」

が、ポリシーです。

 

 

ちなみに、作業終了後、エアコンをつけたら、なんとなく効きがよくなったような?(笑)

 

201412711309.JPG

さあ、いよいよコンポ側の作業をしていきます。

 

作業前日の話なんですが、なんとなく気になってアルパイン VIE-X08の取り付け説明書を読みなおしていた時のことです。

拡張のページに、ウーハーの追加のページがあるんですが、それによるとサブウーハー用のRCA端子が、一つしかないことに気付きました。

今までで、初の経験です。

通常、ウーハーでも、RCA端子が、赤白ついていました。

この場合、アンプにそれぞれをつなげばいいわけです。

 

でも、今回の場合、1本だけしかないとなると、どうしたらいいいのか?

迷ったら、聞く!

ってなわけで、アルパインのお客さま相談室に電話しました。

 

回答は、Y字ケーブルを用意してくださいとのこと。

でも、配線キットに、5mのRCAケーブル入ってるし、もったいないなあと思いながら、近所のホームセンターにいくと、発見!

画像のようなアダプターを売ってました。

これを、サブウーハーのプリアウト端子に挟んでからRCAケーブルをつなぎ、さらにリモート端子に配線キットのコード繋いだら、コンポ周りの作業は完成です。

 

 

 

2014127114134.JPG

コンポから出たケーブル類は、アームレストの下を通してトランクまで引っ張る予定でしたが、これがうまく外れないので、助手席スカッフプレート下を通しました。

ただし、ここは渋滞中です(笑)

画像青は、リモートコード

赤の太いコードがバッ直電源

黒のダブルがRCAケーブル

赤黒のダブルがバックカメラ

白黒のダブルがスカッフプレート

といった具合です。

でも、見事に収まりました。

 

2014127114727.JPG

作業は、リアシートにすすみます。

 

トランクまですべてのコード類を引っ張るうえで、リアシートは、どうしても外さざるをえません。

 

まずは座面ですが、これは上方向に、引っ張り上げれば外れます。

インテリアパッケージ?は、後席が、リクライニングしたり、マッサージ機能がついていたりします。

そのため、たかがイスなのに、いろんなところにコネクターがついています。

 

 

どれがどこにつながるのか、目印をつけておくことをおススメします。

 

ここまではバックカメラの取り付けの際に行った作業なので、なんなくできました。

今回は、背面後ろ側のトノカバーについているウーハーにアクセスしたいわけですから、背面のシートも外します。

これが、今回、最も大変でした。

 

201412711578.JPG

座面もそうですが、セルシオのリアシートは、左2右1で分割されてます。

まあ、正確には、左1.5右1かな?

 

このシートのはずし方も、

 

ネット上にたくさんありますので、参照しながら作業するといいでしょう。

しかし、グレードや年式によって、違う部分も多々あります。

必ずしも自分の車と同じでないことは忘れずに。

 

 

完全に外すと、取り付けが面倒くさそうなので、今回は、この状態で作業することにしました。

作業スペースの確保という観点から、オススメできませんけど。

作業は、可能です。

ただし、画像のようにシートベルトだけはシートから外しておきたいところです。

 

201412712438.JPG

セルシオの後席は、肩の部分にシートベルトガイドがついていますので、これを外す必要があります。

 

やり方は、簡単なんですが、裏側からマイナスドライバーなどを差し込み画像のように浮かせてあげれば、隙間から引き抜けます。

 

 

201412712847.JPG

そして、いよいよトノカバーの取り外しに入ります。

 

トノカバーは、2本のプラスティックのピンで留まっています。

これを取り外したあとが問題なんですが、どうにも外れません。

もしかしたら、Cピラーのカバーも外すのかな?なんて思いましたが、これもまたエアバッグの絡みもありうまく外れません。

どうにも困っているときに、手前に引っ張ってみたら、あら不思議、簡単に外れました。

 

焦らず落ち着いて!改めて感じました(笑)

そんなわけで、パート2に続きます。

衝動買いしてウーハー新調

201412416192.JPG

なんだかんだとありまして、激務に追われ、なんと2か月ぶりになっちゃいました。

週末は、高校野球だったり、風邪ひいてたりとありまして(笑)

 

久しぶりの更新ですが、車の話です。

きっかけは、週末にフラッと立ち入った、「UP GARAGE」さんです。

自動車の中古部品の販売業者で、全国チェーンです。

 

そこに、偶然見つけたのが、このウーハー。

8インチ(約20cm)で、セルシオの純正ウーハーと同じサイズです。

 

うちのセルシオには、アルパインの社外ナビが入っているので、このナビから直結させれば、煩わしいセルシオのアンプを介する必要はありません。

しかも、このウーハー国内定価は3万円オーバーです。

でも、中古なうえに、なぜか安売りしていて、表示価格の半額ということでした。

 

にもかかわらず、3度足を運び、やっと購入。

決断できない男(笑) 5,950円で入手。

 

2014124162559.JPG

もちろんウーハーは、アンプが無くては鳴りません。

 

要するに、コンポから出た音を、アンプで増幅させて、余計な音をカットしてから鳴らすということです。

 

「?」

という方も多いでしょう。

 

よく、ズンドコンドコ低音鳴らしてる車がいますが、あんな感じになるわけです。

もちろん、そんなに若くないので、ズンドコさせませんけど(笑)

 

 

そして、このアンプというやつは、じつに面倒なものでして。

ものすごく、電気を食います。

なので、バッテリーから直接電源を引いてくる必要があります。

 

2014124163131.JPG

そこで、必要なのが、こういうワイヤリングキットと呼ばれるやつです。

もちろん、たいていの車は、バッテリーはボンネットの中にあるので、まず、バッテリーから取った電源を車内に引き込む必要があります。

 

さらに、コンポからは、リモート電源という電源。

それからRCAケーブルで音源。

 

それらが、この中に入っているわけです。

ちなみに、このコード類も、こだわり始めたらキリがありません。

 

コードだけで、何万円もしてしまいます。

もちろん、うちの場合、軽くズンドコすればいいので、そんなに高価なケーブルは、いりません。

今回のこのケーブルは、アンプを買った業者さんのご厚意でサービスです。

 

さあ、週末に取り付けします。

後部座席を外したり、かなり大がかりなオペです。

作業内容は、またレポートします。