2016年01月

友の遺したメッセージ

2016129112524.jpg

我が家は、長男が4月から大学4年生、長女は大学1年生。

そりゃ、自分も年をとるわな~

なんて言いながらも、現代社会における平均寿命は80歳代。

44歳の自分は、まだまだ若い!と言えるでしょう。

 

そんな中、高校の同級生が亡くなりました。

彼は、高校野球でエース。

大学も、日体大に進み、そこではアメフトの選手として活躍。

 

大学卒業後は、清水国際高校の体育教師。

同校にアメフト部を創部し、精力的に活動していた彼。

 

その知らせは、突然でした。

肺がん、しかもかなり進行しているというものでした。

 

2016129114439.JPG

彼を励まそうと開催された同窓会には、SNSを中心に声掛けされただけにもかかわらず200人近い同級生が参加。

 

テレビ番組で、彼の密着企画が放送されたり。

 

みんなで、応援していましたが、年明けすぐに亡くなったと連絡をもらいました。

葬儀には、参加できなかったのですが、出席してくれた友人からこのメッセージをもらいました。

 

生前の自身が幸せだったこと。

そして、幼い子供たちを遺して逝くことの無念。

この熱いメッセージに胸をうたれました。

 

2016129115227.jpg

そして、同僚であった、清水国際高校の体育科の皆さんからのメッセージ。

彼が、病気に立ち向かいながらも、無念さに涙を流した話など。

 

 

志半ばで、無念を抱え、遺した家族を心配しながら逝った彼。

遺された自分たちにできることは、彼の遺したメッセージに少しでも力になってあげること。

 

 

そして、個人的には、彼のように逝く方々に、せめて経済的な不安だけでも無くしてあげたい。

大切な人にこそ、最善の、

「生命保険」

を提案していきたいと思います。

 

それが、保険のプロである私の仕事だと思うから。

 

上松、ありがとう、そして安らかに。

 

ラパンのフロントスピーカー

201612710198.jpg

カーシアター化して、5.1chを満喫していた「ラパン」

ところが、いつのころからか、轍や段差を通り抜けるたびに、

「右前のスピーカーの音が途切れる」

という現象に悩まされていました。

 

最も最初に疑ったのは、DSPユニット。

それぞれのスピーカーに音を振り分けるアンプであるDSPに問題があるのか?と疑い、リセットしてみたり試行錯誤。

カロッツェリアに問い合わせたところ、正常なスピーカーラインと、異常なスピーカーラインを差し替えてみてください。

とのことでしたので、差し替えてみたところ、見事に右前スピーカーの音が途切れました。

 

つまり、DSPユニットには、問題なし。

 

となると、

「右前スピーカーの接続」

に問題があるということです。

 

2016127102624.jpg

ここのところ、あまりにも寒いうえ、

本業(笑)

が忙しくて、手つかずのままでした。

 

やっと、昨日の夕方時間が取れましたので、作業を開始します。

まずは、サクッとドアの内貼りをはがします。

 

そして、スピーカー周りのコード類の接続を、入念にたどりながら、探っていきます。

 

 

久々に内貼りをはがしましたが、なんちゃってデッドニングも、ちゃんと残っていました(笑)

効果もありますので、高価なデッドニングキットは、必ずしも必要ないのかもしれません。

 

201612710326.jpg

んで、

犯人確保!

車両側からネットワークへの入力ラインのコードが、この有様です。

 

完成の喜びのあまり、焦って作業したのが原因でしょう。

見事に内貼りと、ドアパネルに挟まれて接触不良を起こしていたんだと思います。

 

つぶれてしまった部分の手前で切断し、新しいギボシを取り付け接続しなおします。

試しにDVDを鑑賞しながら、一回りしてきましたが、音飛びの症状はなくなりました。

 

内貼りを戻して、完成です。

 

こういう、しょーもないミス。

今回は、特に事故にはなりませんでしたが、他のコードなら、最悪、車両火災の可能性さえあります。

この手の作業をする場合、細心の注意が必要だと改めて思いました・・・反省。

 

 

我が母校

201612617278.jpg

2016年になったと思ったら、なんと今日はもう26日。

大変遅ればせながら、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、現在、

私が32年ほど前まで通い、

長男が9年ほど前まで通い、

長女が6年ほど前まで通った母校・富士市立岩松小学校が建て替え工事通です。

 

私が通っていたころは、各学年6クラス。

長男のころは、各学年3クラス。

長女のころは、各学年2クラス。

 

だんだん、生徒数が減ってきていました。

そのため、校舎も大きすぎて使っていない教室もありましたし、耐震面からもいよいよ建て替えとなったわけです。

 

2016126173244.jpg

左側が、旧北校舎。

右側が、新校舎です。

 

新校舎は、旧南校舎の跡地に建っています。

 

ちなみに、左がに見える平屋の建物は、

給食室

です。

 

我が町・富士市は、全小中学校が、それぞれの学校で給食を作り提供してくれています。

全国的には、とても珍しいことなんだそうです。

 

201612617360.jpg

そして、日本一の、

富士山

が見える、ロケーション。

 

実は、我が家は、

私も、長男も、長女も、

ほぼ変わらない校舎で、小中学校生活を送りました。

 

家族で、思い出を共有できる、ありがたい環境でした。

いよいよ小学校は建て替えられてしまいますが、本当にありがたいことです。

 

これからも、昔の岩松小学校の思い出をみんなで大切にしていきたいと思います。

 

ありがとう!岩松小学校。