AtoZ営業日誌

友の遺したメッセージ

2016129112524.jpg

我が家は、長男が4月から大学4年生、長女は大学1年生。

そりゃ、自分も年をとるわな~

なんて言いながらも、現代社会における平均寿命は80歳代。

44歳の自分は、まだまだ若い!と言えるでしょう。

 

そんな中、高校の同級生が亡くなりました。

彼は、高校野球でエース。

大学も、日体大に進み、そこではアメフトの選手として活躍。

 

大学卒業後は、清水国際高校の体育教師。

同校にアメフト部を創部し、精力的に活動していた彼。

 

その知らせは、突然でした。

肺がん、しかもかなり進行しているというものでした。

 

2016129114439.JPG

彼を励まそうと開催された同窓会には、SNSを中心に声掛けされただけにもかかわらず200人近い同級生が参加。

 

テレビ番組で、彼の密着企画が放送されたり。

 

みんなで、応援していましたが、年明けすぐに亡くなったと連絡をもらいました。

葬儀には、参加できなかったのですが、出席してくれた友人からこのメッセージをもらいました。

 

生前の自身が幸せだったこと。

そして、幼い子供たちを遺して逝くことの無念。

この熱いメッセージに胸をうたれました。

 

2016129115227.jpg

そして、同僚であった、清水国際高校の体育科の皆さんからのメッセージ。

彼が、病気に立ち向かいながらも、無念さに涙を流した話など。

 

 

志半ばで、無念を抱え、遺した家族を心配しながら逝った彼。

遺された自分たちにできることは、彼の遺したメッセージに少しでも力になってあげること。

 

 

そして、個人的には、彼のように逝く方々に、せめて経済的な不安だけでも無くしてあげたい。

大切な人にこそ、最善の、

「生命保険」

を提案していきたいと思います。

 

それが、保険のプロである私の仕事だと思うから。

 

上松、ありがとう、そして安らかに。