AtoZ営業日誌

公共企業の役割

IMG_20130322_133549.jpg
 
この写真で、道路を横切る列車は、
「岳南鉄道」
といいます。
 
 
利用者の減少に加え、貨物車が運行しなくなり、地元では、存続を巡り議論の対象になっています。
 
 
 
 
いざ、なくなるとなると、必ず存続を求めるグループが現れます。
 
 
まあ、通学に使う学生さんの気持ちはわかりますが、
昨日まで見向きもしなかった大人が作ったにわかグループ
は、問題です。
 
 
 
 
写真のように、踏切で車はかなり渋滞しています。
上下にしたら、20台近くが並んでいました。
 
 
要するに、少なくとも20人が列車のために足止めされているわけです。
 
 
 
対して、この列車に乗っていた乗客は3人でした。
 
 
 
 
 
これをどう思うか?
意見が分かれるところです。
 
 
 
 
 
 
同じように、公共企業といえる、
「東京電力」
が、5月から、電気料金の大幅値上げを発表しました。
 
 
原発は動かせない、円安で燃料は高騰。
当たり前ですよね。
 
 
しかし、この電気料金の値上げは、工業製品にいずれ転嫁されます。
 
 
 
産業立国日本にとって、これは、大いなる痛手です。
 
景気回復に、水を差しかねません。
 
 
 
 
はっきり言えば、もう原発を稼働するしかありません。
電気代の値上げ反対!
原発稼働反対!
これは、絶対に無理です。
 
 
これにも賛否両論あるでしょうが、
何もしない
のが、一番問題です。
 
 
前政権の二の舞にならないように、期待したいところです。
 
 
 
実は、昨日、娘が所属するマリンバの演奏チームで、病院を慰問してきました。
IMG_20130328_134951.jpg
歌える曲を演奏すると、一生懸命に歌ってくださる入所者の皆さん、
ありがとうございました。
 
 
 
彼女たちに、演奏の機会を下さる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご一報ください。