AtoZ営業日誌

パナソニック・シャープの決算と日本の右傾化

ptop_logo.gif
 
 
logo_sharp.gif
 
 
パナソニック、シャープが決算予測を発表しました。
 
その発表は、まさに衝撃でした。
 
 
パナソニック→最終損益 7,650億円の赤字
本日の株価 416円(前日比-98円)
 一時ストップ安
 
シャープ→ 最終損益 過去最高4,500億円の赤字
本日の株価 168円(前日比-4円)
 
 
このまま、日本のモノづくりは、終焉を迎えてしまうのでしょうか?
 
考えてみれば、今、ちょうどテレビで、宮根さんが、
「自分たちが大学生のころは、松下電器に入れば一生安泰だと言われた。」
「松下電器がつぶれるときは、日本がつぶれる時だと言われた。」
と、話してました。
 
まさにその通り。
筆者も、同じようなことを言われてきた世代です。
 
 
何が問題なのか?
 
いろいろな考え方があるでしょう。
 
薄型テレビからの、早期脱却の失敗。
新製品の開発の遅れ。
 
そして、上記のようなことを言われて入社した人間が、ある程度の地位に登ったためのおごり・・・。
 
これらは、社内的な問題です。
 
 
しかし、個人的には、違うと思っています。
こうなってしまったのは、新興勢力にシェアを奪われたこと。
 
これが一番だと思います。
 
 
なぜ、シェアを奪われたのか?
 
これは、半島系電機メーカーの、
「国家トップセールス」
の結果だと思います。
 
 
日本人は、良くも悪くも、
「あまりにもお人好し」
になったのも原因でしょう。
 
 
前にも書きましたが、日本一の携帯電話キャリア会社
「NTTドコモ」
の、スマートフォン、タブレットの端末ラインナップを見たらわかります。
 
かつては、
パナソニック、シャープ、東芝、NEC・・・
が、中心でした。
ところが、今では、
サムスン、LG
が、その座を奪っています。
 
国内メーカーは、巨額の赤字に苦しめられて、
携帯電話事業から撤退せざるを得なっかたのも事実ですが・・・
 
 
国家を挙げて、政府が、対政府にセールスをしてくれる中、
自国では、ほぼ2社でシェアを独占できる会社。
 
自社だけで、コツコツと販売ルートを確保し、
自国では、内外の多くのメーカーと競争せざるを得ない会社。
 
 
パナソニックと、シャープの巨額赤字決算の一因は、ハッキリ言って、
「国策の失敗」
が、その最大の要因でしょう。
 
こういう話をすると、すぐに、
「日本人は、右傾化してきた。」
などと論評する人間がいますが、今は国家存亡の危機とも言えるんじゃないでしょうか?
 
 
右傾化しているんじゃない。
国家に対する誇りを取り戻そうってことです。
 
 
あらゆる業界で、今後、同じことが起こるでしょう。
 
とりあえず、携帯とタブレットくらいは、国産のものを選ぶとします。(笑)