2018年09月

ミトのカーテシランプ(完成編)

さあ、昨日の続編。

完成編になります。


まずは、カーテシランプを外します。

できるだけ引っ張り出して、適当なところでカットします。

カットしたコネクターがこれです。


昨日の実験をもとに、配線を入れ替えします。

このような形で、ギボシを接続します。


オス側が、+になっています。

前にも書きましたが、

「万が一、ギボシが外れた場合」

に備えて、車両側の+にメスを付けます。


こうすれば、スリーブに守られていますので、ショートの心配が減ります。

車両側は、このような感じ。


何とか引っ張れば、コードの延長は不要です。

一応、事務所で配線テストしておきます。


画像ではわかりにくいですが、ちゃんと光ってます。

これで、成功です。

わかりにくいので、電卓の裏にあててみました。


キレイに光っています。

よかった、よかった(笑)


早く暗くならないかなあ~

って感じで楽しみです。

 

新型ジュリアとステルヴィオのオプション流用

アルファロメオから発売された、

「ジュリア」

「ステルヴィオ」

を見て以来、ずっと気になっていたことが・・・。

それは、

「純正オプションのカーテシランプがミトに流用できるんじゃね?」

ってこと。

なにしろ、カーテシランプもカーゴランプもグローブボックスランプも共通。

新開発とはいえ、こんなところそんな簡単に替えないだろってことで、見切り発車(笑)

一週間も待たずに入荷。

早速引き取りに行ってきました。


かわいいい袋に入れてくれましたが・・・

値段は、全然かわいくない。

15,000円オーバー。

こりゃあ、失敗できません(笑)

中身は、こんな感じ。

いろんな言語が書かれた説明書入り。


もちろん日本語表記はなし。

とはいえ、交換は、形さえあえば簡単!


な、はずでした。

形は、見た限り、

「全く同じ!」

やったね。


ってことで、早速取り付けしてみます。

ドア下の、このカーテシランプを差し替えます。

画像左側の溝にマイナスドライバーなどを突っ込めば、簡単に外れます。

納車後すぐに、LEDに差し替えしたのでここまでは簡単。

コネクターは、強引に引っ張ても抜けません。

ツメを押しながら、引き抜きます。


あとは、差し替えて完成です。

なんと、コネクターの形も全く同じ。

そんなわけで、加工は不要です。

ここで、トラブル発生!

なんと、

「光りません(笑)」


仕方なく、近所のホームセンターで買いそろえてきましたよ。

12V発生装置(笑)

結果、わかったこと。


なんと!

+と-が、逆になっています。

 

つまり、こういうことです。


コネクターの形まで同じにしておきながら、

「最後の最後に+と-を入れ替えるという姑息な手段(笑)」

ということでした。


本日は、ここで時間切れ。

明日は、コネクターをいったん切断し、+と-を入れ替えて接続してみます。


簡単なことですが、どこに何が潜んでいるかわかりません。

最終的には自己責任でお願いします。

 

弊社オリジナルティッシュペーパー作成中

現在、弊社では、

「オリジナルティッシュペーパー」

を作成中です。


どうせ作るなら、イイものをお届けしたい!

ということで、オリジナルデザインにこだわりました。


デザインは、弊社のオリジナルポロシャツをオマージュ。

画像では、白黒に見えますが、ロゴ部分はシルバーなんです。


デザインしてくれたのは、弊社のロゴデザインをしてくれている、

「プロジェクトモンキー」

です。

 

今回は、サンプルを持参いただいたのでアップしています。

大満足の仕上がりでしたので、計画を進めていただきます。


今回、ティッシュペーパーを製作していただくのは、

「田子浦パルプ株式会社様」

です。


来月、早々には完成予定です。


弊社連絡先が入っていますので、自動車に積んでお使いいただければ幸いです。

完成まで、今しばらくお待ちください。

 

ミト、リアバンパーのネット化

ミトに詳しい方、またはオーナーの方ならおわかりでしょう。

これは、ミトのリアバンパー下側を外したものです。

上下が逆になっていますが、画像でいう下側の網の部分を切り抜きます。


先日も書きましたが、この部分にはリアソナーがついています。

そこで、まずは、ソナー取り付け部分を残して切り抜きます。

そして、この部分に、

「オレカ」

さんに行って購入したネットを装着します。


目立たない部分にタイラップで固定します。

さらに、少加工でソナーの、

「受け部分」

を追加しておきます。

 

裏側に、純正のソナーの固定部品が残っているのがわかりますね。


しかし、車両に取り付ければ、わからないレベルです。

さらに、網の下には、これまた

「オレカ」

さんにて購入したカーボンシートを貼り付けます。

リア側の牽引フック取り付け用の穴の部分もうまく加工します。


もちろん高い精度の製品ですが、この手の貼り付けには注意と技術力が必要ですね。

ソナーも自然に取り付けできました。


下側のカーボン柄がお気に入りです。

実は、飛び石で剥げてしまったグリルも再塗装。


これにて、ミト、完成です(笑)


あとは、排気系の交換をしたいですね。

ただし、弊社のミトは、

「排気音新基準車両」

ですので、マフラー交換はなかなか難しいところです。

 

ミトに汎用サイドステップを追加

弊社のミトですが、リップスポイラーを追加して、フロントのネットを追加して以来、気になることが・・・。

それは、

「サイドから見たときの腰高感」

です。


全体のバランスという意味で、イマイチ。

フロントリップがある分、

「逆に腰高に見える」

という、なんとも言えない矛盾(笑)

 

そこで、サイドステップを追加したい!

というモヤモヤが(笑)

しかしそこは、ミト。

国産車のようにいろんなメーカーから発売されているわけではありません。

純正オプション、レスター、CROSSあたりが有名ですが、高額!

特に、取り付け+塗装という作業が必要になります。

そんな時に、発見したのが、

「MAROYA」

さんの、汎用サイドステップです。


カーボン柄で塗装は不要。

さらに、それほど厚みもなくてフロントとのバランスもよさげ。

ミトは、サイド部分がフラットなので取り付けは問題なさそうです。


しかし、最大の問題は、

「長さ」

「MAROYA」さんのホームページによると、

「長さは180cm」

とのこと。

真っすぐ付けたら、若干サイドステップ側が長くなります。

そこで、一工夫。

少しだけ、後ろに向かって斜めに取り付けします。

そうすることによって、ご覧の通りいい感じ。

もちろん、タイヤへの干渉はありません。


今後乗ってみないとわかりませんが、フロント側は跳ね石で傷がつくのは仕方ないですね。

タイヤの幅には、キッチリ収まりましたので、問題なしです。


「MAROYA」さんの汎用サイドステップは、カーボン柄の品質も良く満足です。

乗降の際に、足が当たらないように注意しないとね(笑)